モノ/ガジェット

Apple Pencilに対応した新しいiPad miniの特徴をざっくり1分ぐらいで説明するよ!

g.O.R.i

テック系ブログメディア『gori.me』管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

この動画が気に入ったらYahoo!アカウントで「フォロー」してくださいねー!励みになります!

-------

新しいiPad miniは何が進化したのか。見た感じでは何も進化していないように見えるが、中身は着実に2019年に登場する新製品としてふさわしいスペックになっている。

最大の特徴はApple Pencilに対応したことだろう。iPadやiPad Proが対応する中、何年間も放置され続けていたiPad miniが突然アップデートされ、突然Apple Pencilに対応した。7.9インチのコンパクトで小さい画面にAppleの提供する高感度低遅延スタイラスを使うことができるのは、大きな強みとなる。

ただし、対応しているApple Pencilは初代モデル。つまり、Lightningポートに挿して充電するタイプとなっていて、iPad Proのようにマグネットで側面に張り付いて充電されるようなタイプではない。それでも対応しただけありがたいと思おう。

チップは「A12 Bionic」を搭載し、iPhone XRと全く同じスペック。メモリは3GB搭載され、マルチタスクも快適に行えるはず。

一部できたいされていた「Face ID」搭載によるベゼルレスデザインは実現されず。あれはあくまでも上位機種であるiPad Proの特徴となっているようで、iPad miniは「Touch ID」を引き続き採用し、端子はLightning、3.5mmヘッドホン端子も健在。そう、端子もUSB-Cではない。

カメラ性能は期待しない方が良い。カメラ性能のためだけならば確実にiPhoneの方が良い。ただ、カメラが突起していないという点はとても魅力的。カメラ性能が抑えられているからこそ、実現できるデザインなのかもしれない。

サイズや重さについては下記の通り:

高さ:203.2mm
幅:134.8mm
厚さ:6.1mm
重量(Wi-Fi):300.5g
重量(Wi-Fi/LTE):308.2g

iPad miniの最新モデルは、見た目では分からないほど地味な変化ではあるが、内部が劇的に進化し、Apple Pencil対応によって活用できるシーンが一気に増えた。もちろん、利用できるアプリも格段と増え、スペックも強化されたのでiPadならではのマルチタスク機能などもスムーズに利用可能に。

コンパクトで軽い片手でギリギリ持てるサイズのiPadが欲しい人はチェックしてみるべし!

-------

このような動画を今後も見たい人は、「フォロー」してもらえるとYahoo!アカウントと連携し、Yahoo!アプリやモバイルウェブの「フォロー」から最新の動画が確認できるようになるので、よろしければ是非!

…続きを読む

関連タグ