モノ/ガジェット

”極上のタイピング”が手に入ると話題の「REALFORCE TKL for Mac」を買ってみた

g.O.R.i

テック系ブログメディア『gori.me』管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

この動画が気に入ったらYahoo!アカウントで「フォロー」してくださいねー!励みになります!

-------

僕の本業は、テック系ブログメディア「ゴリミー」( https://gori.me )を運営すること。当然、文字を打っている時間は非常に長く、キーボードの打ち心地は極めて重要。

これまでは「ロジクール ワイヤレス ソーラーキーボード K760」を愛用していたが、8年前のキーボードということもあり、さすがにそろそろ新しいキーボードを探す必要性を感じていた。そこで、多くのライター友人やブロガー友人からおすすめされたのが、「REALFORCE TKL for Mac」。

「REALFORCE TKL for Mac」は、テンキーが搭載されていない、比較的コンパクトなメカニカルキーボード。静電容量無接点方式スイッチを採用し、程良いクリック感を実現しながらも心地良いタイピング音を実現。

また、指への負担を軽減し、指の動きをスムーズにするステップスカルプチャー構造が採用され、パームレストと合わせて使うことで長時間のタイピングをしても指先に負担がかからないような仕組みになっている。

僕が購入したのは、もちろんUS配列。僕が使い慣れているMacBook ProのUS配列とは一部キーの位置が異なるため、慣れるのに少し時間がかかったが、たしかに慣れると打ち心地が良いとみんなが口々に言う理由がよく分かる。

キートップは思っていたよりも小さい。これも慣れるのに少し時間がかかったが、慣れてくると指差ドンピシャでキーの上を押すことができるので、問題はない。

Macのキーに慣れていると「REALFORCE TKL for Mac」のキーストロークがあまりにも深すぎて戸惑うが、どうやらこれはキーを下まで押し込むのではなく、途中まで押し込むようなライトなタッチでタイピングすることで、俗に言う”フェザーキータッチ”を体験できるという。

正直なところ、僕はまだその境地には達していないが、「REALFORCE TKL for Mac」は高いだけあってタイピングは心地良い。音も好きだ。

-------

このような動画を今後も見たい人は、「フォロー」してもらえるとYahoo!アカウントと連携し、Yahoo!アプリやモバイルウェブの「フォロー」から最新の動画が確認できるようになるので、よろしければ是非!

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る