モノ/ガジェット

iPhone 12 Pro、iPhone 12が進化しすぎて存在感薄め?LiDARの存在意義を解説

g.O.R.i

テック系ブログメディア『gori.me』管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年の新型iPhoneである「iPhone 12」シリーズは、4機種が同時に発表。そのうち6.1インチディスプレイを搭載するiPhone 12とiPhone 12 Proは先行して発売されている。本来であればハードウェアに極めて明確な違いがあるはずだったと思われるが、iPhone 12 Proはやや”Pro感”が不足しているように感じる。

iPhone 12シリーズとiPhone 12 Proシリーズとの明確な違いは、カメラ性能。iPhone 12 Pro Maxはシリーズ最高峰のカメラ機能を搭載しており、iPhone 12とは明らかに高性能であることがわかるが、iPhone 12 ProのカメラはiPhone 12より”ちょっといいカメラ”という感じ。望遠カメラの有無、Dolby Visionの60fps撮影対応、Apple ProRAWなど違いは確かにあるが、一般的に恩恵を受けづらい。

形状はiPhone 12と全く同じで、サイズも変わらない。角張った構造を採用し、自立する。LiDARセンサーを搭載しているが、ナイトポートレートが撮影できること以外はそれほど恩恵を受けない。

iPhone 12を圧倒的に上回るカメラ機能がそれほど無いのだ。それどころか、iPhone 11 Proを圧倒するようなカメラ機能もない。一般的に使用されるカメラ機能については、iPhone 12と同程度と言えるだろう。

iPhone 12の詳しいレビューは、僕の運営するテック系ブログメディア『ゴリミー』に書いた記事をご覧くださいませ。

----------------

iPhone 12 レビュー :ほぼPro
https://gori.me/iphone/iphone12/130793

----------------

…続きを読む