専門マスター

ダンサー直伝「魅せるプレゼント妙技」持ちかた・動かしかた・視線の3つのポイントをおうちで自主練

GRINDER-MAN

パフォーマンスグループ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

おうちの時間が増えたいま、こっそり自主練してみませんか。大切なあのひとに会う日までにマスターしたい、ダンサー流プレゼントをわたすテクニックを考えてみました。

お年玉に始まり、バレンタインデーにホワイトデー、母の日父の日敬老の日、そしてクリスマスに暮れのご挨拶まで。わたしたちの一年は、誰かへの贈り物にあふれています。誕生日や記念日など特別な日にむけて、プレゼント選び自体も楽しいイベント。そうです、わたしたちは相手に「なにをわたすか」プレゼントそのものに注目しがち。特別な日を忘れられない日にすべく、プレゼントの「わたしかた」にも目をむけてみると面白いかもしれません。

◯プレゼントをもつ
まずは箱を用意しよう。大きさは、手のひらより少し大きめがおすすめ。箱の対角線を意識して、右手親指と左手小指の2点でささえる。箱を動かしながら、他の指をはなしたりくっつけたり。自分に引きよせるときは、すべての指で箱の中心をつかむイメージで。ただし手のひらは箱にくっつかないように。

◯プレゼントをうごかす
1.ひじが伸びきるまで、箱を、からだから遠ざける
2.一歩ふみだして、箱に、からだを引きよせる
この2つの動きをテンポよくくり返して、気持ちよく動けるようになろう。

◯魅せるポイント
なれてきたら、箱を上下左右に動かしてみる。その方向に目線をあわせてみよう。目線の最後は、笑顔で相手をみつめると効果バツグン。お互いに、きっと忘れられない日になるでしょう。

そしていちばんの上達するヒントは、おもいきり。「ダサい」と「かっこいい」は紙一重。パーフェクトにこだわらず、おもいきりやりきって!

ダンサー直伝「魅せるプレゼント妙技」おうちで自主練
出演:天野悠二(GRINDER-MAN)
ディレクション:タグチヒトシ(GRINDER-MAN)
楽曲:Creme Brulee - Ziv Moran

GRINDER-MAN(グラインダーマン)
パフォーマンスグループ。演出・振付を駆使して生みだすのは「いま・ここ」の身体表現。国内および海外の劇場、美術館やアートフェスティバルでの舞台作品やメディア・アート作品の発表から、ライブツアー演出やプロモーションのクリエイティブプランニング、映像の振付およびキャスティングまで、幅広く活動している。文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『HERO HEROINE』(2019年)。

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る