How to

  • いいね

スチームパンク風の時計モチーフシルクハットの作り方を伝授、コスプレイヤーが教えるマネできるテク

ギャクヨガ

コスプレイヤー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コスプレイヤーでYouTuberのギャクヨガです!
今回はスチームパンク風の時計モチーフシルクハットをオリジナルデザインで作ってみました。

もちろんこの様に実際に被って、仮装やコスプレに使う事もできますよ。

早速、作り方を説明していきたいと思います。
尚、動画も作りましたので、じっくり作り方をみたい方はこちらもどうぞ。

パーツを材料から切り出す

まずは、一通りのパーツをコスプレ造形向けボード(詳細は後述)からカッターナイフで切り出します。
型紙を使って切り出します、型紙はギャクヨガのサイトからダウンロードできます。

コスプレ造形向けボードとはコスプレイヤーがコスプレ小道具等を作るのによく使われるボード材料です。パッと見は発泡スチロールっぽいですが、柔軟性があり曲げる事ができます。カッターで簡単に切れます。

具体的な商品名はCOSボード、コスプレボード、ライオンボード(コーヨーソフトボード)、EVAスポンジシート等、様々な商品があります。
商品によって厚み、サイズ、カラー等のバリエーションが異なりますが、加工の基本は概ね同じです。

当作例ではCOSボードを利用しておりますが、これを使うべきといった決まりはないので、まずはご自身が入手しやすい物を使ってみると良いでしょう。
販売店はヤフーショッピング・Amazon・楽天等のネット通販、アニメショップ、コスプレ関連店、一部手芸店、一部大型ホームセンター、100均(ダイソー、セリア)等です。
各商品の販売店やバリエーション等をギャクヨガのサイトにまとめてあります。

一通りのパーツをCOSボードから切り抜き終わりました。これから、この切り出したパーツをひたすら組み立てていきます。

帽子本体の組み立て

まずは帽子の本体を組立ます。
長方形に切り出したCOSボードのパーツの端と端を瞬間接着剤で接着します。

接着完了しました。

瞬間接着剤は100均の物でOKです。
接着しがたい場所は瞬間接着剤硬化スプレー(アルテコスプレー)を併用してます。硬化スプレーを使うと素早く硬化するので作業がとてもはかどりオススメです。硬化スプレーはホームセンターで売っています。

帽子の上部分を瞬間接着剤で接着します。

帽子のツバを接着します。

現状こんな感じです。

帯状に切ったCOSボードを接着します。

接着完了しました。本体の組み立てはこれで完了です。

装飾の組み立て

帽子についた装飾を組み立てていきます。
まずはリボンです。

瞬間接着剤で接着して組み立てていきます。

リボンができました。

帽子本体へと接着します。

歯車パーツを接着していきます。

数が多いので時間がかかります、気長に接着していきます。

これは時計の文字盤です。COSボードのパーツにマジックで下書きしてあります。

ハンダゴテの熱で数字を彫ります。
ハンダゴテはホームセンター等で売ってます。
煙が出る事がありますが健康に悪いので吸わない様にしてください。(換気をよくして作業してください)
また、火傷にもご注意ください。

帽子本体へと接着したら、これで装飾も完了です。

塗装

組み立て終わったので、塗装を行います。
塗料はラッカースプレーやプラモデル用の塗料、発色を良くする為の下塗り剤(造形ベース)等を使います。
道具はギャクヨガ自身は筆やエアブラシなど色々使ってますが、予算に応じてお好みの物でやりましょう。

まず真っ黒に塗ります。

歯車は金、帽子本体は銀で塗ります。

赤を塗ります。

文字盤などを塗ったらこれで完成です。
なお、塗装は冒頭で紹介した動画で見てもらうとよりわかりやすいと思います。

完成

重量 150g

制作時間:10時間
材料費の目安:1500円

ギャクヨガのサイトで、使っているボードの厚み、必要な材料道具一覧、材料の必要量、より詳細な作業工程、その他補足等詳しくまとめてます。実際に作る方はあわせてご覧ください。

動画もご覧頂くとより理解が深まります、是非ご覧ください。

最後に

実際に作る際はギャクヨガのサイトに記載した作業時の注意を必ずお読みいただき、安全に配慮し、怪我や事故の無い様にお願い致します。万一事故や怪我が起きても自己責任となります。
難しそう、危険そう、と思った作業は省略などして進めていってくださいね。
では、みんなで楽しく作りましょう(*^^*)

本作例制作においてクラッセ様より提供頂きましたCOSボード等を利用しております。

シェア

いいね

コンテンツへの感想