モノ/ガジェット

  • いいね

トークの音質を聞いてみてください。オンライン会議に業務用ヘッドセットを使ったら音質が良すぎた!

ギュイーントクガワ

ビデオデザイナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

オンライン会議は「音」がめっちゃ重要だと思う、ビデオデザイナーのギュイーントクガワです。
音っていうのはここでは「トークの音質」です。
安くてもいいからちゃんとしたマイクを用意してあげたほうが、相手にもトークが伝わりやすくなって、
スムーズなコミュニケーションができると思うんですよね。

ということで今回は放送業務用の本格的なヘッドセットを買って見ました(笑)
ドイツのベイヤーダイナミック社「DT109」です。

よくある「ゲーミングヘッドセット」とは違い、マイクのケーブルとヘッドフォンのケーブルが別になっていて、
マイクケーブルはオーディオミキサーにつなぐようなキャノンコネクターになっています。
マイクには電源が必要ないダイナミック方式が採用されていて、この特徴は「周りの余計な騒音が全く入らない」こと。
マイクの近くの音ほど大きく、ちょっとでも離れると急激に小さくなる。「マイクの近接効果が高い」ということです。

この特性が、常に口の近くにマイクがあるヘッドセットにはとても合うのです。

しかもこれは放送業務用のヘッドセットです。
スタジオ内でスタッフ同士が指示をやり取りするためのもので、大音量で音楽が流れていても、スタッフ同士の話す内容がしっかりと聞き取れる、
そんな音質調整がされています。
オーディオ的に言うと、低域がバッサリとカットされた、カサカサの音。

これでオンライン会議をしたら、そりゃあもうトークが明瞭になって、コミュケーションもよりスムーズになるでしょう。
自分の声をモニタリングしていても、いきなり滑舌が良くなったような、そんなイメージです。

ヘッドフォン部分はかなり大きなイヤーパッドになっていて、側圧も優しく、長時間つけていても疲れにくいと思います。
ヘッドバンド部分も同様に、柔らかいパッドが入っています。…変なカタチではありますが(笑)

まさに業務用と言わんばかりの無骨なデザインも個人的には好みで、次からオンライン会議にはこれをつけて臨もうと思っています。

ただし、音楽を聞くのには全く向いていないので注意!
カッサカサの音です。電話の向こうで鳴っっているような、しょぼい音です…。

興味ある方はぜひ!

検索ワード
DT109 ヘッドセット

-----------------------------
ギュイーントクガワ
ビデオデザイナー・YouTuber

東京でのんびりと映像制作案件をこなす傍ら、YouTubeチャンネル「gyueenの動チェク」で、
撮影機材やPC・デジタルガジェット等の「動チェク」レビューコンテンツを配信する、中年ロックンロール関西人。
動画コンテンツをつくることが趣味の機材オタク。

「コトの本質を伝える」動画表現を日々研究中。

Yahoo!クリエイターズプログラムでは「過去にYouTubeで紹介したモノを、現在はどう捉えているか?」というようなネタを、
サクッと楽しんでいただけるようなショートビデオでお届けします。

フォローとハートマークでご支援のほどよろしくお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想