タイトル画像

How to

  • いいね

キッチンハイターでコスパ良くお風呂の床を掃除する方法

hachi home

ライフスタイル動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キッチンハイターはドラッグストアでよく見かける掃除アイテムですが、使った後に余ってしまうことはありませんか?

そんなキッチンハイターがお風呂の床掃除・カビ除去の簡単掃除に役立つので使用方法をまとめてみました!

お風呂場の汚れやカビにお悩みの方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

【キッチンハイターを使ったお風呂の床掃除方法】

使用アイテム

  • キッチンハイター
  • バケツ
  • ゴム手袋
  • シリコーン蓋(ダイソー)
  • ブラシ

1. お風呂の排水対策

キッチンハイターでお風呂の床を漬ける掃除方法なので、排水口から水が流れないように対策します。

使うのはダイソーのシリコーン蓋です。

シリコーン素材の蓋なので、空気を抜くだけで排水口に密着して水が抜けるのを防ぎます。

シリコーン蓋を設置したら、一度シャワーを流して水が排水されないか確認します。

2. ハイターの準備

使用目安は水5Lにキャップ2杯分ですが、今回は除菌消臭が目的なので3杯分入れました。

バケツに水5Lを入れてハイターを薄めます。

目盛りのあるバケツを使うと分量の確認がしやすく便利です。

キッチンハイターを入れます。

アルカリ性洗剤なので手荒れ防止に手袋を着用しました。

3. 床をハイターで浸け置き

キッチンハイターを薄めた水を、風呂床全体が浸かるように流します。

風呂の端に赤カビなど汚れが溜まっているので、しっかりと水が届くように繰り返し流します。

わが家では約25Lの水で床全体に行き渡りました。

カビへの塩素浸透性を高めるために、流した水に食卓用の中性洗剤を少量入れます。

ブラシを使って床全体へ中性洗剤を広げます。

水をためたまま、1時間程床を浸け置きします。

4. 排水・流し

シリコーンの蓋を取り、ためていたキッチンハイターの水を排水します。

時間経過と共に多少水が抜けている感じはありましたが、十分に排水を防ぐことが出来ました。

排水が終わったら、シャワーで床を洗い流します。

塩素系洗剤は使用後の滑りが少ないので、水で洗い流す程度の掃除で良さそうでした。

5. ビフォー・アフター

掃除前は風呂床、壁の端、ゴムパッキン部分に赤いカビが発生していました。

掃除後はカビが取れ、ゴムパッキンも綺麗になっていました!

擦らず浸け置き、洗い流すだけの掃除でここまで綺麗になるのでおすすめの掃除方法です。

更にコストを抑えたければ、大容量のキッチンハイターや、成分が似ているドラッグストアのプライベートブランド商品を使用するのも良いと思います。

↑ 動画で見る場合はこちらから ↑

家作り、シンプルな暮らし、暮らしがちょっと楽になる情報を発信しています!

フォローすると最新記事が見やすくなります!

シェア

いいね

コンテンツへの感想