タイトル画像

How to

  • いいね

マイホームの狭い玄関に感じた4つの後悔・良かった点を紹介します!

hachi home

ライフスタイル動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

わが家の悩みの1つに玄関が狭いことがあります

様々悩みながら建築していただいたマイホームですが、実際に住んでから感じる事もあったので、家づくりの中で感じた後悔や良かった点について、今回は玄関周りに厳選して紹介します!

1. スペースが狭い(後悔した点)

わが家の玄関は縦100cm、横200cm程の幅しかないので、靴を3-4人分置くと窮屈な印象になります

鉢植えや小物を置いているのも狭く感じる要因かと思いますが、純粋にもっと画積を取れていれば良かったなと感じます。

玄関が狭いとベビーカーや自転車など日常で良く使うものを置いておけないというデメリットがあり、

現状では子供用の自転車を置くだけで、出入りしにくい環境になってしまいます。

2. メイン・家族用に分けた(良かった点)

左がメインとして来客が使う用の玄関、右が家族用玄関です。

来客用の玄関にはなるべく靴や物を置かないようしているので、パッと見た際は綺麗に見せることが出来ます。

来客時に靴の散乱などを気にせず玄関を開けられるようなるので、生活の中に気持ちに余裕が出ました

家族用玄関には扉のない収納棚を設置していただき、子供が自分で靴を取りやすくしています

仕切りの壁があるだけで雰囲気や、使い勝手を変えられるのがこの間取りの特徴だと感じます

3. タイルがヘキサゴンタイル(良かった点)

玄関周りがシンプルなので、タイルが印象的だといっていただくことが多いです。

わが家は狭い範囲なのでそれほど主張は強くありませんが、広い玄関へ使用する場合だと印象がより強く見えてしまうかもしれません。

メーカーや素材によりますが、わが家で導入したタイルは滑りやすいというデメリットがあったので、雨の日や冬場は滑らないように注意しています。

タイルはサンワカンパニーの物を使い、グレーのタイルに濃いグレーの目地を施工していただきました。

汚れは付きますが、ブラシやスポンジの擦り洗いで取れるので掃除もしやすいです。

4. 小物用のオプション(良かった点)

玄関に壁掛けフックやハンガー掛けを設置しました。

壁掛けフックは折り畳み出来るので、目立たずコンパクトに活用出来るのが便利です。

鍵をひっかけたり、帽子やほうきをかけたりと良く使う物の管理に楽になり、

合わせて家族用の玄関に設置したことで、ドアを締めると小物を置いているのが見えなくなる点が便利に感じています

他には、靴の収納棚の隣に40cm程の空間とハンガー掛けを設けて屋外用のジャンパーや傘をかけています。

これが意外と便利で、雨で上着が濡れたまま室内に入る事がなくなりました。

設置を建築時点で行っていただいたので、木材との固定強度も保たれ便利に使えています。

これがわが家の狭い玄関に感じた4つの後悔・良かった

ことです!

これから家づくりを始める方の情報になれば嬉しいです!

↑動画で見る場合はこちらから↑

家作り、シンプルな暮らし、暮らしがちょっと楽になる情報を発信しています!

フォローすると最新記事が見やすくなります!

シェア

いいね

コンテンツへの感想