タイトル画像

How to

  • いいね

新築から3年の注文住宅で感じた良かった事ベスト10を紹介します!

hachi home

ライフスタイル動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

家づくりから3年が経ち、実際に家に住むことで分かる良かった事・後悔した事を感じるようになりました。

この記事では注文住宅を建築する際に、私がやって良かったと感じた事をベスト10にまとめました。

10位 ウォークインクローゼット

寝室に繋がっているウォークインクローゼットはあって良かった間取りの一つです。

寝起きでもウォークインクローゼットを通ることで、2階リビングに行く前に着替える事が出来ます。

家庭環境として生活リズムが異なる日もあるので、寝室を通らなくても使用出来るよう廊下側にも扉を設置しました。

9位 L字型のLDK

わが家はリビング・ダイニング・キッチンの間取りがL字型の形をしています。

L字型リビングのメリットは独立した空間が作りやすい事。リビングから和室は直接目に見えない空間として使うことが出来るので、仕事でも使いやすい間取りです。

わが家は中心にキッチンがあるので、家事をしながらLDK全体が見渡せます。

階段手すりにはアクリルボードを使用し、少しでも広く見えるように施工していただきました。

8位 ダウンライト

室内照明には全室ダウンライトを設置しました。

シーリングライトの出っ張り感がなくスタイリッシュに見える点が気に入っています。

リビングは約8畳でダウンライトは8つ。

数を多く設置したからか、明るさは問題なく過ごせています。

追加のインテリアとしてスポットライトやペンダントライトを付けても違和感がない点も良い

7位 外構フェンス

子供たちがよく外で遊ぶようになったので、安全性や環境面で設置して良かったと感じます。

木目調のデザインがお洒落で、支柱の色を変えられる点が気に入っています。

選んだものはLIXILのフェンスAA:YR1型(横格子:ランダム)

基礎の施工も合わせると結構な金額でしたが、後悔はなく設置して良かったと感じます。

6位 洗面所の間取り

洗面所にはランドリースペースを設けて4畳程の間取りにしました。

カウンターと収納棚を造作していただいたことで、移動が無く洗濯動線が楽になりました。

棚にはタオル類や下着、パジャマなど入浴時に使うものを収納しています。

洗濯乾燥機との位置関係が良く、振り向くだけで収納出来ます。

殆どの洗濯物を洗面所内で完結する事が出来、時短で楽な家事スタイルです。

洗濯乾燥機を導入予定の方には、収納や家事動線が楽になる間取りをおすすめします。

5位 ヘキサゴンタイル

わが家は夫婦の好みでヘキサゴン型のアイテムをいくつか使用しています。

キッチン後方のカップボード上には、名古屋モザイクのヘキサゴンタイルを貼りました。

僅かな範囲ですが良いアクセントになり気に入っています。

玄関にもヘキサゴンタイルを施工していただきました。

使用したのはサンワカンパニーのヘキサゴンタイル。

タイルは単色の目地はグレーにしましたが、色味が良く気に入っています。

4位 和室

和室は導入して良かった間取りの一つです。

DAIKENの灰桜色の畳を使用しました。

畳の色を選ぶことが出来たので、部屋の雰囲気に合わせて色選びを楽しめました。

畳から35cmの高さにカウンターを造作していただき、インテリアを置いたり、座って作業をすることに活用しています。

大人も子供も畳に横になる機会が一番多いので、リラックス出来る空間になっているのだと思います。

3位 食洗機付きのシステムキッチン

食洗機付きのシステムキッチンは共働き夫婦を助けてくれる便利アイテムです。

わが家のキッチンはPanasonicのラクシーナ。

デザイン性や収納力の高さが気に入っています。

キッチンの中でも特に便利なのは食洗機。

普段の食器洗いは簡単に水で流して食洗機に入れるだけ。

食器や箸など日常的に使う物を食洗機対応のアイテムにする事で手洗いする食器を減らしています。

導入コストはありますが、家族構成によっては節水出来ることもあるようです。

家事時短、水道代節約などのメリットも実感出来、とても便利に感じています。

2位 風呂のワイド浴槽

浴室には少し広めの浴槽を設置しました。

浴槽内に一段段差があり、小さい子供が座ったり出来ます。

この一段があるだけで、子供と入る風呂がかなり楽になったように感じます。

大人が足を伸ばしても楽に入れますし、私が特に気に入っているリラックス空間です。

1位 2階リビング

住んで3年、良かった事、第1位は2階をリビングにした事です。

日々の暮らしを楽しむ為の間取りですが、やはり選んで良かったと実感しています。

階段を上がるとワンフロアのLDKになります。

不便な点はもちろんありますが、家作りで一番に求めたのが2階に生活スペースを置く事でした。

階段手すりをアクリルパネルにした事で、2階から1階や玄関が見えます。

2階リビングにした一番の理由は、リビングからの眺望を楽しみたいという点。

田舎暮らしなので家の中から自然を最大限に感じる事が出来ます。

↑動画で見る場合はこちらから↑

家作り、シンプルな暮らし、暮らしがちょっと楽になる情報を発信しています!

フォローすると最新記事が見やすくなります!

シェア

いいね

コンテンツへの感想