How to

散らかりやすい洗濯機のまわりをすっきり綺麗にする3つのコツを紹介します!

hachi home

ライフスタイル動画クリエーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は散らかりやすい洗濯機のまわりをすっきり綺麗にする3つのコツを紹介します!
普段使う洗剤やストック類など物が多くなりやすい洗濯機のまわりですが、すっきりと綺麗な状態を保つため、我が家で行なっている3つのコツを動画にまとめました!

【洗濯機のまわりをすっきり綺麗にする3つのコツ】
1. 洗濯機用防振かさ上げ台を使う
洗濯機は大きく一度設置すると移動させるのが大変な家電の一つです。
動かす機会が少なくなるとまわりにホコリや汚れが増えてきます。今回我が家では洗濯機用防振かさ上げ台として「ふんばるマン」という商品を使い、洗濯機まわりを掃除しやすい状態にしました。
洗濯機用防振かさ上げ台を使う事で、洗濯機と床の間にスペースが出来、フローリングモップを活用した床掃除が簡単になりました。

2. 脚付き収納ボックス
洗濯機には排水ホースがありますが、ホースが本体真下にこない場合横に排水口やホース部分のデッドスペースが出来てしまいます。
そのような際に脚付き収納ボックスがあるとデッドスペースを埋めて洗剤やストック類を収納する事が出来ます。
我が家は洗濯機の奥行きに合わせた横幅が狭い収納ボックスを選びましたが、小物が多い洗濯機まわりのアイテムを収納するだけであれば十分に活用出来ています。

3. 洗剤・ボトルを減らす
洗剤や柔軟剤、ボトルなども洗濯機のまわりには多くなりがちですが、これらを減らすだけでもまわりがすっきりとして見えます。
我が家では普段よく使う「洗たくマグちゃん」と「フローリングシート」のみを置くようにして、使用頻度の少ない洗剤やボトルは収納するようにしています。
洗たくマグちゃんはマグネシウムを使った洗浄を行うアイテム。洗濯に洗剤も柔軟剤も使わないので、洗濯機のまわりをすっきりとさせるだけではなく、長期的にみると洗濯のコストも抑える事が出来て役に立っています。

これらが我が家で行なっている散らかりやすい洗濯機のまわりをすっきり綺麗にする3つのコツです!
動画が良ければフォローお願いします!

…続きを読む