How to

年末・年始の大掃除ですべき6つの事を紹介します!

hachi home

ライフスタイル動画クリエーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は年末・年始の大掃除ですべき6つの事を紹介します!
時間の取れる年末・年始だからこそ、家の大掃除をする方も多いと思います。そんな大掃除にすべき6つの事を動画にまとめてみました!
最後までご視聴いただけると嬉しいです!

【大掃除ですべき6つの事】
1. 天井・壁紙の掃除
普段の掃除であまり気にする事がない天井や壁紙ですが、意外とホコリが溜まるそうです。
大掃除のタイミングで一年間の溜まったホコリを掃除しましょう!
天井や壁紙の掃除にはハンディーモップやマイクロファイバータオルを使用し、床に落としたホコリは掃除機で吸い取ります。
天井掃除には柄の長いハンディーモップやコンパクトな脚立があると便利でした。
壁紙の汚れが気になる部分には、ウタマロクリーナーで使い汚れを落としています。

2. カーテン・ブラインドの掃除
カーテンにもホコリが溜まったり、カビが発生する事があるので掃除をしましょう!
我が家はプリーツスクリーンなので溝部分にホコリが溜まります。
カーテンやブラインドの溝を掃除する際に便利なアイテムが、100均で購入した手袋型のマイクロファイバータオル。
5本指を溝部分に沿わせて拭き取れるので、溝が多くても簡単に掃除が出来ます。
タオルなので汚れたら洗濯出来、手入れが簡単なところも便利なポイントです。

3. 神棚・収納棚の掃除
神棚や収納棚のように普段動かさない物を置いている棚も、一時的に移動して綺麗に掃除しましょう!
我が家は簡素な神棚なので物を移動する事が出来ましたが、本格的な神棚はご自宅の作りに合わせた適切な掃除方法をご確認下さい。
収納棚も引き出しを一度取り出し、何もない状態で掃除をする事で棚の状態を確認することも出来るのでオススメです。
ホコリにはフローリングシートを、汚れがあればウタマロクリーナーなど中性洗剤を使って掃除をしました。

4. 大型家電・家具裏の掃除
大型家電・家具の裏も動かす機会が少ないのでホコリや汚れが溜まります。
時間や人手が取れる大掃除の機会に行ってしまうことをオススメします。
間取りにもよりますが、我が家では狭い部分に柄の長いハンディーモップがあると掃除する際に便利でした。
大型家電では冷蔵庫、洗濯機、家具ではソファーなど普段動かさない部分を中心に掃除をしてみましょう!

5. 玄関まわりの掃除
個人的には一番腰が重く掃除が出来ていない部分です、、、
最近は雨や雪の日もあり玄関の汚れが目立ちます。ホコリや砂も多いのでほうきやたわしを使って掃除をしましょう!
タイルの汚れはウタマロクリーナーとたわしを使って軽く擦ることで落としています。
ウタマロクリーナーは拭き取るだけで泡が切れるので、玄関に水を流す必要がなく便利です。

6. 窓サッシの掃除
窓サッシも普段掃除する部分ではないので大掃除には綺麗にしています。
レールやゴム部分など細かな場所を掃除する際は、竹串のような細い棒にタオルを巻きつけて使っています。

大掃除で普段手入れをしない場所を綺麗にし、快適に過ごせる家の環境を整えましょう!
動画が良ければフォローお願いします!

…続きを読む