タイトル画像

How to

  • いいね

3coinsとキャンドゥの大人気商品ランドリーラックを比べてみた

ハナ

おうちクリーニング研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、おうちクリーニング研究家のハナです。

一時期人気すぎて店頭で見かけることがなかったベランダの手すりにひっかけて使えるというランドリーラックが待望の再販!

やっと手に入れることができました。

どうせだったら100円ショップのキャンドゥのそっくり商品と比べてみます。

引っ掛けランドリーラックの商品概要

3coins

名称 :引っ掛けラック
価格 :330円(税込)
サイズ:約52(幅) × 34(奥行き)× 1.6(厚み)cm 
設置時の高さ:16cm
素材 :鉄・ポリプロピレン
耐荷重:3kg
引っ掛けられる厚み:〜17cm
色:ホワイト
生産国:中国


JAN :2241714802650
型番:2006-HP010-0000
販売制作:株式会社パル

キャンドゥ

名称 :ひっかけランドリーラック
価格 :330円(税込)
サイズ:約51(幅) × 34(奥行き)× 1.6(厚み)cm 
設置時の高さ:15cm
素材 :スチール(鉄)・ポリプロピレン
耐荷重:2.5kg
引っ掛けられる厚み:〜16cm
色:グレー
生産国:中国

JAN :4521006922555
型番:NO.92255
販売制作:株式会社パル

3coinsとキャンドゥの違い

重ねてみました。

カタチはほぼ同じですが、引っ掛け部分が3coinsの方が若干アームが高くなっています。

作りは圧倒的に3coinsのほうがいいですね。

キャンドゥ
キャンドゥ

3coins
3coins

3coinsのほうがバリも取れていてキレイです。

ただ真っ白なので、3coinsのラックのほうが汚れは目立つかも・・

この部分だけの作りが荒いのは大して気になりませんが、

設置した時に、3coinsの場合はグラつきもなくしっかり設置できるのに対して

キャンドゥのものは引っ掛ける部分がどうやっても片方が内側に折れてぐらぐらします。

根元部分の切り込みが浅く、直角にならないんです。

たまたまハズレを引いてしまったんだとは思いますが、作りの荒さも目立ちます。

【3COINS】

設置壁の厚み 17cmまで
耐荷重 3.0kgまで

【キャンドゥ】
設置壁の厚み 16cmまで
耐荷重 2.5kgまで

ランドリーラックの使い心地

我が家のベランダ手すりの厚みは約15cm

ベランダの手すりが壁になっていて、壁厚が17cm(ギャンドゥの場合は16cm)までは問題なく設置可能。

注意が必要な手すり
注意が必要な手すり

壁ではなく手すりが格子状になっているものは板を取り付けるなどの工夫が必要です。

ベランダのデットスペースが干場として使えるのはいいですね。

バスタオルを干したいなと思ったんですが、幅が足らずという感じ。

フェイスタオルやハンドタオルは問題なく干せます。

枕やクッションなどを干すには便利そう。

個人的にはバスタオルが干せる幅ではなかったのは残念です。

アームをスライドをさせてると壁厚が変わっても設置できます。

ドアにも設置可能。

部屋干しの際は、風通しのよいドア付近に洗濯ものが干せていいですね。

ただアームは寝かせた状態でないとスライドしないので、ピッタリの厚さに調整するのにその都度取り外さないといけず、身長151cmの私は苦労しました。

設置時には椅子や脚立が必要。

設置したままドアは閉められないので、ドアにかけるのはエアコン使用時などは不便かもしれません。

引っ掛ける場所と壁が離れている場合は設置できません。

まとめ

3coinsとキャンドゥのランドリーラックは3coinsのほうが作りはきれいです。

今は品不足も解消されているようなので、近くに3coinsがあれば、そちらがおすすめ。

どこにでも設置できるというわけではなく、設置面が壁になっていないと難しいです。

意外と設置できる場所は限られているので、設置できるか確かめてからご購入ください。

ランドリーラックの幅はバスタオルを干すには少々幅が足りません。

バスタオルを干したいと思ってる方には不向きです。

・ベランダのデットスペースを少しでも活用したい

・枕やクッションなどを干すスペースが欲しい

このような場合にはおすすめの洗濯グッズです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想