トレンド/カルチャー

サハラ砂漠のど真ん中でパン作り!?砂の中にパン生地を直接入れるちょっとクレイジーなパンのお味は…

羽石杏奈

プロトラベラー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

砂漠の砂を使ったパン作りの様子をお伝えします。
アフリカのチュニジア・ドゥーズを訪れて、サハラ砂漠で1泊のキャンプ体験をしてきました。

焚き火を囲んでキャンプファイヤーかと思いきや、まさかのパン作りでした。

練りたての発酵させていないパン生地を平たくなるように広げ、砂の中にそのまま埋めて焼いていく製法。
お皿やアルミなどに包まず、焚き火で熱くなった砂の中に直接IN!
さらに砂や薪を上から被せて、密閉にします。

砂がだんだんとこんもり膨らんできて、15〜20分が出来上がりの目安。

取り出す時はもちろん超高温!
スタッフは慣れた手つきで素手で拾い上げていました…。

パン全体を布で叩くと、砂や木炭は綺麗に落ちてしまうようで、そのまま食べても大丈夫でした。
外はカリッとして、中はもちもち。
フォカッチャのような雰囲気のある、とても美味しいパンでした。

砂漠でパン作りができるなんて、想像もしていませんでした。

海外へ渡航するのは難しい時期ですが、動画で楽しんでいただけるよう、海外の景色を発信中です!

※撮影は以前のものです。
現在は渡航条件が変わっているため、旅行前に出入国に関する情報をチェックしてください。

…続きを読む