タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【春日市】福岡の新ソウルフード。バソキ屋春日店が博多駅バスターミナルへ移転するそうです。

ハッピーまこ

地域ニュースサイト号外NETライター(春日市・大野城市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

地域ニュースサイト号外NETライター(春日市・大野城市)のハッピーまこです。

今回はバソキ屋春日店が閉店・移転するというちょっと残念なお知らせです。

春日横断通り沿い、春日駅方面から博多南駅へ向かう途中左側にバソキ屋春日店があります。

看板が特徴的で、焼きそばの字が反対を向いているので、通っていると目に入らずにはいられません。

バソキ屋春日店が移転閉店するという情報を入手し、見に行ってみました。

道路拡張の為、2022年7月31日をもって春日店は無くなり、博多バスターミナル8Fへ移転するそうです。

11年間もこの地で美味しい焼きそばを販売してくれていました。

バソキ屋の焼きそばは福岡の新ソールフードとも言われています。

バソキ屋ホームページによると、素材、製法にこだわり抜いたその味は、ベースとなる日田焼そばとは独自の進化を遂げた『福岡焼そば』として福岡に新しい麺文化を根付かせようと目指しているのだとか。

 「毎日でも焼そばを楽しんでほしい」との想いから、タレや薬味も含め、全てに関して自家製にこだわることを徹底しており、添加物の少ない安心・安全な食の提供を心がけてくれているそうです。

福岡に新しい焼きそばカルチャーを作りたいと挑戦を続けているそうです。

バソキ屋のこだわり

博多バスターミナルまで行けばバソキ屋の焼きそばは食べられますが、やっぱり春日のこの地に無くなってしまうのは悲しいです。

7月31日まで、まだ時間が残されているので、バソキ屋の焼きそばを食べに行ってみてがいかがでしょうか。テイクアウトもできます。

数量限定!人気の焼そばパンもあります。

焼きそばパンを始めたきっかけはお客様からの焼きそばパンがあったらいいなという声から生まれたそうです。

<バソキ屋の焼そばパンの4つの特徴>

1.一般の焼そばパンとはちがう形! 2.ボリューム満点 ランチはパン1つで満足!

3.味のアクセントの紅ショウガ 4.味の決め手、冷めても美味しい特製マヨネーズ

バソキ屋春日店は2022年7月31日までです、閉店前に行ってみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
バソキ屋春日店
住所:福岡県春日市下白水南7-93
電話番号:092-501-0550
営業時間:11時~20時30分
2022年7月31日 春日店 閉店→博多バスターミナルへ移転

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。