タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【上越市】色合いが可愛い! えちごトキめき鉄道の「金太郎塗り」と呼ばれるレトロ電車とは?

hare

地域ニュースサイト号外NETライター(上越市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

新潟県上越市から地域の情報を発信している hare です。

皆さんは普段、電車を利用していますか? 今回は、えちごトキめき鉄道を走るちょっと変わったレトロな電車をご紹介します!

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン(直江津〜妙高高原間)を走る、こちらの電車は「ET127系」と呼ばれる国鉄時代にお馴染みだった車両です。

「新潟色」と呼ばれる赤と黄の2色に塗られたレトロな色合いが、とっても可愛いですよね。

特に先頭車両は、金太郎の前掛けに似ていることから「金太郎塗り」とも呼ばれ、親しまれていたそうです。

鮮やかな色合いが真っ白な雪や緑豊かな田園風景など、四季折々の景色に映えて、よりいっそう目立つので市内各地で鉄道ファンが撮影している様子も度々見かけます。

この電車は、通常のダイヤ編成に組み込まれるため、いつ出会えるか分からないのも楽しみの一つですね。

えちごトキめき鉄道では、他にも「413系・455系」も運行しています。

見て楽しい、乗って楽しいレトロ電車。ローカル線ならではの「鉄印」を集めながら、電車の旅をしてみるのもおすすめですよ。

皆さんもぜひ、いつもとちょっと違ったお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか?

えちごトキめき鉄道 直江津駅(今回の撮影場所)
〒942-0003 新潟県上越市東町1

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想