タイトル画像

【茅ヶ崎市】もう秋です。彼岸花(ヒガンバナ)が小出川沿いで見頃です。(芹沢)

haretaka*

主婦/お散歩ブロガー(茅ヶ崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎年、茅ヶ崎市に秋を告げる彼岸花が今年は少し早めに見頃になっているようです。
先日9月14日(火)に小出川沿いの彼岸花群生地へ行ってきましたので、その様子をレポートします。

彼岸花の見頃

茅ヶ崎市・寒川町・藤沢市にまたがる小出川沿いは、毎年9月下旬から10月上旬が彼岸花の見頃です。
特に9月下旬は寒川町・藤沢市 主催による『小出川 彼岸花まつり』が開催され、秋風を感じながらどこまでも続く彼岸花を鑑賞することが出来ます。
今年も『小出川 彼岸花まつり』は9月25日(土)に予定されているようですが、それよりも早く今年は見頃を迎えているようです。

すでに開花した花が多く、赤い道が出来上がっています。
すでに開花した花が多く、赤い道が出来上がっています。

彼岸花を観賞できるオススメスポット

彼岸花は小出川沿いの様々な場所で群生しているため、広範囲に鑑賞することが出来ます。
川沿いは徒歩のみ通行可能な歩道がありますので、彼岸花の群生地を順番に巡るようにお散歩するのがオススメです。

特に鑑賞にオススメのスポットは以下の2箇所です。

◎里山公園バーベキュー場付近

曇天でも美しいです。
曇天でも美しいです。

小出川 彼岸花群生地の案内
小出川 彼岸花群生地の案内

◎小出橋付近

多くの人が足を止めていました。
多くの人が足を止めていました。

間もなくすべての花が開花しそうです。
間もなくすべての花が開花しそうです。

どちらのスポットもあいにくの曇り空だったにも関わらず、たくさんの花見客で賑わっていました。
群生地の中でも、小出橋付近は特に白い彼岸花が多い印象です。
白い彼岸花は”シロバナマンジュシャゲ”という名前で赤い彼岸花の自然交配種なんだそうです。
赤い彼岸花に比べ弱く、珍しいそうですよ。

シロバナマンジュシャゲ
シロバナマンジュシャゲ

まとめ

彼岸花は開花から1週間〜10日ほど咲き続けるそうです。
私が訪れた9月14日時点では、蕾も多く咲き始めた花ばかりでした。
満開の彼岸花を観賞したい方は今週末から来週末がちょうど良さそうですね。
小出川沿いをお散歩しながら彼岸花鑑賞はいかがでしょうか?

彼岸花を動画でもどうぞ。(音が出ます)

小出川 彼岸花
場所
神奈川県茅ヶ崎市芹沢付近
一ツ橋辺り〜大黒橋辺りの小出川沿い
見頃は10月上旬まで
駐車場はありません、公共交通機関をご利用ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想