タイトル画像

【札幌市北区】屯田にオープンした話題のサンドイッチ店! お店はどんな感じ? 行列の待ち時間は?

haruka

地域ニュースサイト号外NETライター(札幌市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年10月1日、「すき札幌屯田店」や「なごやか亭 屯田店」などが並ぶ屯田通りに、ある行列ができていました。

その数、なんと200人超え(10月1日午前9時30分時点)。

実はこの日、以前の記事でも開店予定をお伝えしていた、サンドイッチ店「サンドリア」のオープン当日だったのです。

常に40種類以上のサンドイッチを販売している「サンドリア」は、ススキノに本店を構える老舗サンドイッチ店。24時間営業というユニークなスタイルが注目されてテレビで特集されたこともあります。

その知名度・期待値の高さゆえにか、SNSでも「サンドリア屯田店のオープン初日に2時間並んだ」「行列を見て引き返した」など様々な投稿が……。

わたしもオープン初日は購入を断念し、翌日の10月2日に再訪。この日は、15時頃に到着した時点で約30組並んでいました。

列に並んでいる間、スタッフさんが屯田店限定メニューのチラシを配布してくれます。「どれにしようかな」と考えながら待ち時間を潰せてありがたいです。

列に並んでいる間に発見したのですが、お店の建物前にペットのリードをつなげておくためのポールがありました。「サンドリア」は10月4日以降は毎日朝7時オープンなので、愛犬の朝のお散歩ついでにサンドイッチを購入するのも良いですね。

さて、ひたすら列に並ぶこと約40分。思っていたより早く店内に入ることができました。

感染症対策のため店内には2~3組ずつ入るよう掲示があり、検温・手指の消毒スペースも設けられています。しっかりアルコール消毒してからいざ店内を眺めてみると、ショーケースにずらりとサンドイッチが……! 約40種類ほどのバリエーション豊かなサンドイッチが並びます。

本店でもたまにお安く販売されている「パン耳」が、この日はどうやら無料だったよう。すでに棚は空っぽでしたが、今後もお得に手に入ると嬉しいですね。

お店の出口付近には、サントリーとサンドリアのコラボレーション自販機や、美鈴コーヒーの自販機が設置されています。

さて肝心のサンドイッチは、種類が豊富過ぎて迷ってしまいましたが、この日は計6種類を購入。

写真左から「たこカツ」(270円)、「エッグ」(190円)、「ハムカツ」(260円)。ボリューミーな惣菜系サンドイッチは、手軽に朝食やランチを済ませたいときにも重宝しそう!

そしてこちらがスイーツ系サンドイッチ。写真左から「塩キャラメルナッツ」(280円)、「カスタードホイップ」(190円)、「ジャムホイップ」(240円)。

今回購入したこの6種のサンドイッチのうち、「たこカツ」「カスタードホイップ」「塩キャラメルナッツ」は屯田店限定です。ついたくさん購入したくなりますが、店内に「12時間以内に食べてください」と掲示があったので、早めに食べきれる分だけを買うのが賢明です。

まだしばらくは混雑が続くかもしれませんが、感染症対策を万全にしつつ、ぜひ名店「サンドリア」のサンドイッチを楽しんでみてくださいね。

サンドリア屯田店
住所:北海道札幌市北区屯田6条4丁目4-25
電話番号:011-788-4495
営業時間:7時00分〜20時00分
定休日:年中無休(12月31日~1月2日まで休業)
公式Instagram

シェア

いいね

コンテンツへの感想