タイトル画像

【札幌市北区】 「マツコの知らない世界」に登場し話題! スープカレーの名店「ピカンティ」はどんな店?

haruka

地域ニュースサイト号外NETライター(札幌市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年11月16日放送のTBS人気番組「マツコの知らない世界」で特集されたのは、北海道グルメのひとつでもある「スープカレーの世界」。「らっきょ」や「マジックスパイス」など札幌市内にある馴染みのスープカレー店が次々に登場し、ワクワクしながら視聴した方も多いのではないでしょうか。

その番組内で、ゲストのヴァイオリニスト:NAOTOさんが「3種類のスープが全部美味しい!」と絶賛していたのが、北区13条に本店を構える「ピカンティ」です。

北大の北13条門からほど近いこともあり北大生ご用達のお店としても知られていますが、「ピカンティならではのスープカレーを味わいたい!」と札幌市内外問わず多くの方が日々訪れているこのお店。アジアンな雰囲気が漂うおしゃれな内装です。

NAOTOさんが仰っていたように、「ピカンティ」の魅力は3種類から選べるスープ。

  • 38億年の風(濃い系)
  • 開闢-かいびゃく-(あっさり系和風)
  • アーユルヴェーダ薬膳1/f(濃い薬膳系)

ちなみにNAOTOさんが特に気に入っているのは、あっさり系和風の「開闢-かいびゃく-」なんだそう。スープを選んだら、あとは他のスープカレー店と同様に、メイン具材や辛さレベル、ご飯の量、お好みでトッピングを選びます。

どれも美味しそうでわたしも迷いましたが、今回は濃い系の「38億年の風」をセレクト!

具材・辛さは「やわらか仔羊のガーリック焼き」(辛さ1番)にしました。なお今回ディナータイムに訪れたので金額は1,390円となりますが、平日14時までなら1,350円と若干お安くなります。

スープカレー店は野菜の調理方法もお店によって様々ですが、「ピカンティ」では、じゃがいも、ウズラの卵、かぼちゃ、人参、ピーマン、茄子、ゴボウといった野菜が素揚げではなくトロンとやわらかく煮込んであります。個人的に「スープカレーの野菜は素揚げが1番!」と思っていましたが、特にゴボウのやわらかさには感動。

そしてラム感たっぷりの仔羊ガーリック焼きも本当に美味しくて、地元民だけじゃなく道外の方にも北海道らしさを楽しんでもらえるメニューだと感じました。

ところで「ピカンティ」は、「スープカレー店に行ったら毎回注文する」という方も多いであろうラッシーのバリエーションも充実。ブルーベリー、バナナ、いちご、マンゴー、プレーン、ゆず、レモンの7種類のラッシーが1杯250円~350円で堪能できます。

しかもこのラッシー、「ピカンティ」の公式fecabookページを開いてチェックイン&「いいね!」をすると、その場で1杯サービスしてもらえます。詳しくは店頭のポップをチェックしてみてくださいね。

いまや本店だけじゃなく、札幌駅前や琴似、円山へと店舗を増やしている「ピカンティ」。マツコさんやNAOTOさんが番組内でコメントしていたように、1軒1軒すべて味が違って面白いのがスープカレーの魅力のひとつです。スープカレーにハマっている方もそうでない方も、ぜひ1度「ピカンティ」のスープカレーを味わってみてくださいね。

ピカンティ 北13条店
住所:北海道札幌市北区北13条西3丁目アクロビュー北大前 1F
電話番号:011-737-1600
営業時間:11時30分〜23時00分

シェア

いいね

コンテンツへの感想