タイトル画像

【札幌市北区】パン屋「トントン」が閉店した地に12月2日オープン|全品560円のテイクアウト海鮮丼店

haruka

地域ニュースサイト号外NETライター(札幌市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

札幌の街が雪景色になった2021年12月2日、テイクアウト専門の海鮮丼店「大漁丼家 北29条店」がオープンしました!

場所は北29西13、以前はパン屋の「トントン」が営業していた跡。周辺に「ココカラファイン 北28条店」や「とんよし 新川店」などがあるエリアです。

「大漁丼家」は全国にフランチャイズ店舗を展開する海鮮丼店。札幌市内では他に「手稲前田店」があります。

全国に続々店舗を増やしている「大漁丼家」最大の魅力は、50種類以上もの海鮮丼が全品560円というお手頃プライスであること。

それぞれのお店ごとにオリジナルメニューがいくつかあるのも特徴のひとつで、北29条店には「サーモンネギトロ丼」や「カニマグロ丼」など6種類の限定どんぶりが登場しています。

店内は、注文受付とちょっとした待機スペースがある簡潔なつくり。注文ごとに作ってくれるため、受け取りまで10分弱ほど待ちました。待ち時間用の椅子も3脚置いてあるので、のんびり店内で待ちましょう。待ち時間を節約したい場合は、事前に電話注文するのもOKです。

さて、今回オープン初日にゲットしたのは、メニュー番号「51」の「づけ鮪のちらし丼」。づけマグロ、サーモン、蒸しエビ、穴子、煮ホタテ、かんぴょう、桜でんぶ、カニカマ、磯っこ、イカソーメンという全10種のネタがのっている見た目も豪華な海鮮丼です。もちろんこちらも560円!

丼のサイズは約14センチ四方。やや小ぶりな印象でしたが、実際に食べてみるとわたしにはちょうどいい量でした。「もうちょっと量がほしい」という方は、シャリ増し(+110円)やネタ増し(+220円)、特盛り(+330円)でボリュームUPするのがおすすめです。

なにしろバリエーションが豊富なので、「次は何を食べようかな」とワクワクが続く「大漁丼家」。ランチや晩ご飯のテイクアウトに迷ったら、ぜひ候補にいかがでしょう。

大漁丼家 北29条店
住所:北海道札幌市北区北29条西13丁目1-1 松明ビル
電話番号:011-600-2707
営業時間:11時00分〜14時00分/16時00分~20時00分
定休日:不定休
公式Instagram

シェア

いいね

コンテンツへの感想