タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「育て方が悪いの?」お悩みママがに読んでラクになる本

はるママ

子育てに役立つ本のソムリエ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!はるママです。

6歳娘と3歳息子の育児奮闘中です。

思い通りにいかないってことだけが想定内の

毎日の子育てで「私の育て方が悪いの?」

って悩んじゃうことありますよね。

そんなときにおススメの本をご紹介します。

「マメ先生が伝える 幸せ子育てのコツ
今がつらいママたちへ」
大豆生田啓友・著  赤ちゃんとママ社

Eテレ「すくすく子育て」でおなじみのマメ先生が、

育児奮闘中のママたちに贈る、エールのような本です。

保育の経験、ご自身の子育て、ママたちの悩み相談など、

マメ先生のリアルな体験から導き出された

「保育の知恵」がたくさん紹介されています。

だけどね、ここでお話したいのは…

私の心にグッときたところ。まぁ、個人的な感想です。

本の後半は、マメ先生の子どもの頃から

今に至るまでのお話でした。

マメ先生が子どもだった頃、

とにかくとても不器用だったので、

他の子よりもできないことが多く、

うまくいかないことばっかりだったそうです。

今のご活躍からは想像もつかないですよねー。

高校生のときに、ふとお母さんが

「あなたは学校の先生になったらいいと思う」

と言ったそうです。

すごく優しいし、面倒見がいいから

というのが理由。

マメ先生はとてもびっくりしたそうですが、

これが、初めて夢が持てた言葉になりました。

母の一言で、何の根拠も持てないけれど、

「自分もなれるかもしれない」と思ったことは、

それからの人生の大きな支えになったそうです。

周りに「ダメだダメだ」

と言われ続けたにも関わらずやってこられたのは、

母がそのままの自分をいつも受け入れてくれたから

とマメ先生。

素敵なお母様ですよね?

無条件に愛情を注ぐことが

子どもの可能性を開くんだということを、

マメ先生が体現しているではないか!

と感動しました。

私も将来、子どもからそんなふうに

思われたいなー。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。