タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【読書苦手なママ】が子どもを本好きに育てられるの?無理やりたくさん読むより大切なこと。

はるママ

子育てに役立つ本のソムリエ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!はるママです。

3歳息子と6歳娘の育児奮闘中で、

思い通りにいかないってことだけ

想定内の毎日です。

読書歴30年の読書オタクで、

困ったことは読書で解決してきました。

子育てのモヤモヤを解消するために

読んだ育児書や教育本は100冊をこえています。

子どもを読書好きに育てたい!

我が子には読書好きになってほしい

と願うものの、実は私、読書が苦手なの!

っていうママ、意外といますよね。

子どもが本に親しむようになる一番の近道は

身近な人が

楽しそうに本を読んでいる姿にふれること。

つまり、ママが本好きになるのが

いちばん手っ取り早いです。

かといって、私は読書が苦手な人に、

無理やりたくさんの本を読むことを

勧めたりはいたしません。。

ママが1冊でも大切にしている本があって、

ときどきその本を開いていたらそれだけで、

子どもは本に興味を持つのではないでしょうか?

読書が苦手な人におすすめの本は?

それでは、8歳から80歳の人におすすめの

長い人生に寄り添う本をご紹介します。

「ぼく モグラ キツネ 馬」
チャーリー・マッケジー/著
川村元気/訳  【飛鳥新社】

アメリカ、イギリスで100万部をこえ、

社会現象となった異例の大ベストセラー本です。

小説「世界から猫が消えたなら」の原作や、

映画「君の名は。」のプロデュースでも有名な

川村元気さんが初の翻訳に挑戦されています。

「成功するってどういうことかな」
ぼくがたずねるとモグラはこたえた
「そりゃあ、だれかをすきになることだよ」

ぼくとモグラとキツネと馬が出会って、

一緒に旅をするお話。

この仲間たちの会話のすべてが、

胸にしみる名言です。

ネタばれしすぎないように、次はクイズ。

モグラが語る

「それこそが、オイラたちにあたえられている
 さいこうのじゆうってもんさ」

さて、何でしょう?

きっと人によって答えは違いますよね。

自分で考えてみてから、

モグラはそうなんだ!と確認してみてね。

私はモグラに共感します。

キツネはつらい目にあってきたせいで、

ほとんどしゃべらず、

いつもなにかを疑っています。

ぼくとモグラに出会ったキツネが、

自分の足跡で伝えている思いに気がついて、

胸の奥がふわっとあたたかくなりました。

著者の魅力的なイラストが、

物語の世界をいっそう豊かに表現しています。

私にいちばん刺さった言葉。

「いままであなたがいったなかで、
いちばんゆうかんなことばは?」
ぼくがたずねると馬はこたえた。
「たすけて」

きっと自分の経験と

重ね合わせて読んでいくことで、

自分だけの物語になっていく本です。

読書が苦手でも、

8歳から80歳まで読み続けられそうでしょ。

「ときどきまいごになったきぶんになるよ」
ぼくがつぶやくと、
オイラもそうさとモグラがいう。
「でも、しんぱいしなくていいよ。
オイラたちはきみのことがだいすきで 
それにきづけたらかえるうちはすぐみつかる」

数年前まで帰るうちがみつからなかった私ですが、

今は家族が安心して帰ってくる家をを守っています。

人生は奇跡の連続ですね。

両親は少しだけ本を読んでいました

私が子どもの頃、

私の父親は仕事のための専門書を

ときどき読む程度で、

母親はミステリー小説を図書館で借りて

読んでいた記憶があります。

私はどちらにも興味がなかったのですが、

一緒に図書館に行くのは良かったのかもしれません。

どちらかが「ぼく モグラ キツネ 馬」を

読んでいたら、絶対一緒に読んだのになぁ、

とちょっと残念に思います。

(当時まだ出版されていませんね)

自分の子どもが8歳くらいになったら、

一緒に読もうと思って、楽しみにしています。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。