おもしろ/ネタ

【ギャグアニメ】自分のことを棚に上げるビジネスマンの特徴 ベスト3

秦俊子

アニメ作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

『危険信号ゴッデス』の第9話。
色によって人格が変わる主人公のゴッデスが、通りすがりの人たちのふとした会話や行動に突っ込みを入れるギャグアニメ。ゴッデスは厳しいツッコミを入れるだけでなく、時には落ち込んでいる人にエールを送ることもあります。
※動画はすべてフィクションです。

仕事において上司からの命令には従わざるを得ないものですが、自分のことを棚に上げて説教をしてくる上司には理不尽さを感じることもあります。今回は、そんな自分のことを棚に上げるビジネスマンの特徴についてです。
3位は『他人の悪口や否定が多い』、2位は『何でも人のせいにする』
そして気になる第1位は、部下の状況も考えずに偉そうに大袈裟な表現で説教をしてくる嫌な光景。
猛暑日の日中に大汗をかきながら長袖のスーツで外回り営業をしている若手社員の男性。あまりの暑さに意識が朦朧として、歩くのがしんどくなっています。そんな若手社員に対して、上司はエアコンの冷房がきいた涼しいオフィスから電話で説教をします。その内容は、営業マンならどんなに暑い夏でも長袖のスーツで外回りをしろ、自分なら砂漠の真ん中でだって長袖のスーツで外回りできるというもの。
そんな理不尽な上司に対して怒ったゴッデスは・・・

日々の鬱憤を笑い飛ばせるような元気や楽しさを提供できたら嬉しいです。
“フォロー”でぜひ最新動画をチェックしてみてください。

監督:秦俊子
ストップモーションアニメから2Dアニメ、イラストまで幅広く制作しいている。TVアニメではNHKみんなのうたやおかあさんといっしょなどの映像を制作。 オリジナルアニメ『パカリアン』はカートゥーンネットワークに進出し、北米で放送された。
他に短編アニメ作品『映画の妖精 フィルとムー』『さまよう心臓』なども監督している。

…続きを読む