おもしろ/ネタ

言っている事とやっている事が違う人の特徴/横暴な教師の末路【危険信号ゴッデス】

秦俊子

アニメ作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

『危険信号ゴッデス』の第42話では、言っている事とやっている事が違う人の特徴をゴッデスがご紹介。

シリーズ動画はこちらでも配信しています。
【YouTube】
https://www.youtube.com/c/goddess-anime
【U-NEXT】
https://video.unext.jp/title/SID0041051
※Yahoo!クリエイターズプログラムで先行配信した1ヶ月後に順次配信中です。

アニメ『危険信号ゴッデス』第42話。
学校のホームルームの時間。担任の先生が、生徒たちに教室の花瓶を割った人は正直に手を挙げるよう促しています。今、正直に言えば怒らないという先生の発言を受けて、ひとりの生徒が花瓶を割ったのは自分だと正直に手を挙げます。
すると先生は急に怒り出し、さっき聞いた時はやっていないと言っていたのに嘘をついていたのかと問いただします。また、罰として廊下に立っていろと命令するのでした。
そんな先生に対し、怒らないと言ったのに結局怒っていると指摘するゴッデス。しかし先生は、怒らないと言わないと生徒は自分から名乗り出てこない、自分は生徒がダメな大人にならないように嘘をつくのは悪いことだと教えているのだと豪語します。
言っている事とやっている事が全然違う先生に呆れたゴッデスは、そんな先生の教育方法が生徒たちにどう映っているかを教えてあげると言い…

日々の鬱憤を笑い飛ばせるような元気や楽しさを提供できたら嬉しいです。
“フォロー”でぜひ最新動画をチェックしてみてください。

…続きを読む