おもしろ/ネタ

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

綺麗ごとしか言わない、惰性で授業している先生【ギャグアニメ】

秦俊子

アニメ作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

『危険信号ゴッデス』の第95話では、綺麗ごとしか言わない、惰性で授業している先生が登場します。
2022年もゴッデスをよろしくお願いいたします!

シリーズ動画はこちらでも配信しています。
▼YouTube
https://www.youtube.com/c/goddess-anime
※Yahoo!クリエイターズプログラムで先行配信した1ヶ月後に順次配信中です。

▼公式ツイッターもやっています!
https://twitter.com/goddess_shingou

アニメ『危険信号ゴッデス』第95話。
小学校の道徳の授業の時間にて。先生が、人間はみんな平等ですというお話を始めます。
すると、生意気で口達者な生徒のたっくんが手を挙げて質問をします。
たっくんは、「人間は平等って言うけど、金持ちもいれば貧乏もいるし、スクールカースト上位のリア充もいればいじめられて不登校の奴もいる。それでもみんな平等って言えるんですか?」と先生に問いかけます。唐突に質問を投げかけられた先生は、みんな違ってみんな良いんですと返します。たっくんはその先生の発言に更に疑問を覚え、それは綺麗事にしか聞こえないと言い返します。埒が明かなくなった先生はたっくんに対して、余計なことを考えずにまずは教科書に書いてあることを素直に勉強していろと怒ります。
そこへゴッデスが登場。先生自身が自分で考えず、ただ教科書通りに惰性で授業していることのほうが問題だと指摘します。しかし先生は逆ギレするだけで自分の意見を主張することができません。
自分で物事を考えられない先生に対してゴッデスは、先生の本心を生徒たちの前でさらけ出し…

日々の鬱憤を笑い飛ばせるような元気や楽しさを提供できたら嬉しいです。
“フォロー”でぜひ最新動画をチェックしてみてください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。