専門マスター

クリームソーダのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。
この動画では前回作りましたソーダグラスを使った、ミニチュアクリームソーダ作りをお届けします。

【製作の流れは以下のようになります。】
1.粘土スケールを使って半球の形にした樹脂粘土(クリームがかった白)の表面を、豚毛の筆でこすってアイスっぽくガサガサにします。
よくフェイクフード作りでは凹凸をつけるのに歯ブラシを使うことが多いかと思いますが、こういった小さなものを作るときは粘土に当たる面積の小さい豚毛の筆の方が使いやすくて重宝しています。豚の毛は普通の筆よりも毛がゴワゴワしていて硬いです。

2.サクランボは赤く着色した粘土を小さく丸めて、ヘタをとりつける穴を爪楊枝でつけます。
3.粘土乾燥後、アクリル絵の具で赤く塗り半光沢のクリア―を塗って表面のツヤを整えます。
4.ヘタは紙の巻かれたワイヤーの先にモデリングペーストを塗って、乾燥後に赤く塗ります。それを適当な長さにカットして3に接着します。
真っすぐだとおかしいので、ヘタは少し曲げています。

5.ソーダはUVレジンをクリアー塗料で黄緑に色付けたもの使います。
色は好みかと思うのですが、今回は明るめの緑にしてみました。
6.グラスに5で作ったレジンを半分ほど注いだら、レジンで作った氷を入れ、グラスいっぱいまでレジンを注ぎます。
ここで使用した氷は先に紹介した動画「ソーダグラスのミニチュア作ってみた!!」で使った型で作ったものです。
7.先に作っておいたアイスとサクランボをのせたらレジンを硬化させ、その後アイスに半光沢のクリアーを塗って完成です。
ソーダに触れるアイスの下部は濡れた感じを出すためにやや多めに塗っていますが、そのほかの部分は表面をちょんちょんと塗るぐらいに抑えてあります。

いかがだったでしょうか?
今回使用したグラスは先に紹介した動画「ソーダグラスのミニチュア作ってみた!!」で作っていますので、興味がある方はそちらもご覧ください。
また次のミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。
ではまた~

…続きを読む