専門マスター

ジブリ映画 魔女の宅急便のキキケーキのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。
この動画ではスタジオジブリの映画「魔女の宅急便」で、おばあさんがキキに渡した「KIKI」の名前が入ったチョコレートケーキのミニチュア作りをお届けします。

【製作の流れは以下のようになります】
1.茶色く着色した樹脂粘土(以下粘土)を平らに伸ばし、それを円にくり抜いてケーキの土台を作ります。この状態で大きさ約直径22ミリ高さ4.5ミリです。
完成したら見えなくなるので色付けはしなくてもいいのですが、気持ち的に一応茶色くした粘土を使いました。
2.そこにマットメディウムに少し暗めの茶色を混ぜたものを塗って表面のチョコレートを表現します。

3.次にケーキの上の魔女と木の部分を作りますが、まずその2つのイラストを印刷した紙を0.3ミリのプラバンに貼り付けて、それに沿って余分な部分を切り取ります。
4.うまく形にできたら「型取くん」と呼ばれるお湯で柔らかくなる素材で型取りし、完成した型に粘土を詰めます。魔女は白い粘土、木は緑の粘土を詰めます。
「おゆまるくん」というとピンとくる方もいるかもしれませんが、あれに似たお湯で柔らかくなるものです。
5.乾燥後に型から取り出し、魔女のリボンの部分をアクリル絵の具で赤く塗ります。

6.「KIKI」の文字はカタカナ英数字定規の「K」と「I」の部分に白い粘土を詰めて、乾燥後に取り出します。
普通の定規と違って家にあってもなかなか使う機会がないのですが、今回は活躍してくれました。
7.今作ったものをすべてケーキの上にのせれば完成です。
接着には水で薄めたボンドを使用しました。つけすぎたりゆっくり作業をしていると粘土が溶ける恐れ場あるので注意しました。

いかがだったでしょうか?今回のキキのケーキ作りではプラバンに貼り付けた魔女のイラストをきれいに切り抜けるかが不安でしたが、なんとかそれらしい形にすることができてホッとしています。
表面のチョコに関しては私の好みであまりツヤのないものにしましたが、ツヤが欲しい場合はマットメディウムの代わりにボンドにするか、乾燥後にクリアーを塗る方法があるかなと思います。
それではまた新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。

…続きを読む