専門マスター

サンリオの人気キャラクター!ハローキティのお面のミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは。ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。こちらの動画ではキティちゃんでおなじみ、サンリオの人気キャラクターハローキティのミニチュアお面作りをお届けします。縁日の屋台で売られているようなお面をイメージしていただければと思います。

【製作の流れは以下のようになります】
1.まずキティちゃんのシルエットにカットした1ミリ厚のプラバンにエポキシパテを盛りつけお面の原型を作ります。
パテを盛る順番は顔の部分にまず盛り付けて、そこが表面を触っても崩れない程度に硬化してから耳の盛りつけをしました。

2.パテ硬化後、1ミリ厚のプラバンに貼り付け、顔の周りぐるりと一周ピンバイスでちいさな穴を複数あけます。
この穴はこの後のバキュームフォーム作業で空気を通す穴です。

3.完成した原型を自作バキュームフォーマーに設置し、電気コンロで熱して柔らかくした0.5ミリ厚のプラ板を押し付けます。
バキュームフォーマーは掃除機を改造して作ったもので、空気を吸い込む力でプラバンと原型を密着させる道具です。

4.不要なプラバン部分を切り落としたら、荒くなった切り口をサンドペーパーで整えます。
塗装前にはサーフェイサーを吹くので、サンドペーパーの番手は600番までで終えています。

5.そこに0.3ミリ厚のプラバン、直径2.5ミリの丸いプラ棒を加工して作った目、鼻、ヒゲを接着します。
目とヒゲはプラバンを細くカットして、やすりで角を丸くして作りました。鼻はプラ棒の先をやすりで丸くなるよう削り、そのあとナイフで切り離しました。

6.リボンはエポキシパテで形を作り、硬化後お面に接着します。
リボンは原型を作る段階で作ろうかとも思いましたが、別で作り接着した方が見た目がよさそうだったのでそうしました。また接着には瞬間接着剤を使用しています。

7.両目と顔の両サイドに穴をあけ、全体を塗装します。
両目部分はお面らしくのぞき穴として、両サイドはゴム紐を通す穴です。

8.塗料乾燥後、両サイドの穴にゴム紐を取り付けたらお面の完成です。

いかがだったでしょうか?
今までに作ったミニチュアのお面は目や口など顔のパーツをへこまして作ることが多かったのですが、今回は顔の表面から飛び出る凸型で作ってみました。どちらの仕上がりがよいかは好みですが、今回のような細いヒゲは凸型だと塗料がはみ出した際の修正がちょっと厄介だなと感じました。

ではではまた次回、新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。

…続きを読む