専門マスター

ウォーターサーバーのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。
今回はウォーターサーバーのミニチュア作りに挑戦してみました。
まずは本体部分の組み立てからスタートして出水口、トレー、水ボトルの順に作り、最後にそれらを組み合わせて完成させます。
使用した材料はウォーターサーバー本体がプラバンなどのプラ材で、ボトルが色付きの塩ビ板になります。

【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】
1.ウォーターサーバーの本体をプラバンで組み立てる。
1ミリ厚のプラバンでベースとなる形を作り、そこに0.3ミリ厚のプラバンを巻くという方法で作ってみました。
2.長さの違う3つのパーツをそれぞれ組み立ててから繋げる。
3.てっぺんの部分に水ボトルがピッタリハマる穴をあける。
4.電気コンロで温め柔らかくしたプラバンを、エポキシパテとプラバンで作った原型に押し付けて水ボトルの受けとなるパーツを作る。
5.出水口を作る。1ミリ厚のプラバン4枚重ねて作った塊に(そのうち1枚には3.2ミリの穴が2つあけてある)プラパイプとプラ棒を組み合わせたものを接着する。
6.トレーを作る。1ミリ厚のプラバンに0.8ミリ角のプラ棒を一定の隙間をあけて接着。周りには0.3ミリのプラバンを巻く。
7.水ボトルを作る。プラバンとエポキシパテで作った原型に自作バキュームフォーマーに置いて、電気コンロで温め柔らかくした塩ビ板を押し付ける。
8.半分ずつ作り貼り合わせる。
9.ボトルの中にUVレジンを入れて硬化させる。
10.塗装後、各パーツを組み合わせてミニチュアウォーターサーバーを完成させる。

いかがだったでしょうか?
今回初めて色付きの塩ビ板を使ってみたのですが色を塗る必要もなくウォーターサーバーでよく使われている水色の水ボトルらしい雰囲気を出せたので満足しています。今回は水ボトルを作るのに使いましたが塩ビ板の色を変えて他の作品を作るのも面白そうです。

本日はご覧いただきありがとうございました。
ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。
ではまた~

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む