専門マスター

梅干しのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。
今回はミニチュアの梅干し作りに挑戦します。まずは梅干しを入れる容器を作り、その後粘土で梅干しを作る流れです。

【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】
1.まずは容器作り。正方形にカットしたプラバンの四辺を45度の角度で斜めに削る。
プラバンの大きさは18×18×1.5ミリを2枚重ねてあります。
2.そこに同じ大きさの正方形のプラバンを貼り付けて高さをだす。
1.5ミリ厚のプラバンを合計3枚貼っています。
3.自作バキュームフォーマーに置いて、電気コンロで温め柔らかくした塩ビ板を押し付ける。
4.不要な部分を切り落として原型から塩ビ板を取り外す。
5.フタも同様にプラバンで原型を作り、自作バキュームフォーマーに置いて成形する。
フタの原型は19×19×1.5ミリ厚のプラバンに枠として0.5ミリ厚のプラバンを貼り付けてあります。底上げは2ミリ角のプラ棒を貼っています。
6.こちらも不要な部分を切り落とし原型から取り外せばフタの完成。
7.ここからは梅越し作り。小さく丸めた粘土をクシャクシャにしたアルミホイルとピンセットで梅干しのシワを作る。
8.粘土が乾燥したら絵の具で色を塗る。
絵の具はベネティアンレッドをベースに赤やこげ茶で重ね塗りをしてみたのですが、自分が望んでいた色と少し違った仕上がりだったので、もう少し研究が必要かなと思っています。
9.容器に梅干しを接着してミニチュア梅干しの完成。
梅干しを容器に接着するかは迷ったのですが、接着していないと容器を倒したときに部屋中に梅干しが散乱する大変なことになりそうだったので固定することにしました。

いかがだったでしょうか?
なんとなくそれっぽいものには仕上がったものの、シワの付け方とか色塗りとか幾つかの課題が見えたミニチュア作りでした。

本日はご覧いただきありがとうございました。
ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。
ではまた~

音源提供:Nash Music Library

…続きを読む