専門マスター

しょうゆのミニチュア作ってみた!!

heibonkinoko

アマチュアミニチュア職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。
今回は1リットルの醤油のミニチュア作りをお届けします。まずはプラ材を使った醤油ボトルの原型を作り、中身の醤油、ボトル、キャップを作り、仕上げという流れで作業していきます。

【ミニチュア製作の簡単な流れは以下のようになります】
1.直径6.4ミリの半円プラ材に幅1ミリにカットしたプラバンを巻き付けて醤油ボトル下部の凸凹した部分の原型を作る。
2.半円のプラ材(1で使ったものと同じ直径のもの)をナイフとヤスリで削って醤油ボトル上部の曲線部分の原型を作る。
3.1と2で作ったパーツと直径2、5ミリの半円プラ材を繋げて原型を完成させる。
4.原型を型取くんを使って型取りする。
5.出来上がった型に黒く着色したレジンを流し込んで硬化させる。
本物の醤油には赤みがありますが、ボトル状態のミニチュアでは黒一色の方が見た目がいいのでそのようにしてあります。
6.醤油ボトルの形に固まったレジンを自作バキュームフォーマーに置き、それに電気コンロの熱で柔らかくした塩ビ板を押し付ける。
バキュームフォーマーは掃除機を利用して作った道具で、吸引力で原型と熱で柔らかくなった素材(今回の場合は塩ビ板)を密着させて素材を原型と同じ形にするものです。
7.余計な塩ビ板を切り落とし、同じように作った片面と接着する。
8.太さの違うプラの丸材を重ねて赤く塗ってキャップを作る。
9.ボトルとキャップを接着する。
10.自作したラベルをボトルに巻き付けてミニチュア醤油を完成させる。

醤油のようなペットボトルに入った商品をミニチュアで作る場合は、作った型にレジンを流して作った半身パーツを貼り合わせて完成させることが多いですが、今回はそこに一手間加えてボトルを塩ビ板で作ってみました。
そのためプラ材で作る原型も塩ビ板の厚みを考慮して設計する必要がありますが、完成した醤油ボトルは本物と質感が近いのでレジンだけで作った場合と比較してグッとリアル感が増したような気がします。

本日はご覧いただきありがとうございました。
ではまた次回新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。
ではまた~

…続きを読む