専門マスター

【椅子のマナー】好感度アップ!スマートで美しい椅子への座り方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

椅子への座り方、意識したことはありますか?

立ち姿勢から椅子へ座る、椅子の上でを身体を移動する、座った後の姿勢など、ちょっとしたポイントを意識するだけで、スマートで美しい振る舞いになるのです。

◆椅子は左側から出入りする

正式なマナーとしては、椅子は左側から出入りします。
ただし座席の配置上、左側から出入りするのが難しい場合、無理をする必要はありません。
スマートに振る舞うには、はじめに立つ位置が肝心。
椅子の左角に立つようにしましょう。

◆椅子から遠いほうの脚から動かす

何も意識しないと、がばっと大股を広げてしまうことがあります。
エレガントに動くには、椅子から遠いほうの脚から動かし、椅子の前で脚をクロスするとGood!

◆お尻を突き出して腰をおろすのはNG

お尻を突き出して、どっしり座るのは見苦しいです。
床と身体が垂直になるよう、脚力だけで腰をおとすようにしましょう。
背中に天使の羽がはえているのをイメージして、羽をつぶさないように座るのです。

◆座る位置を移動するときは、座面に手を添えスライド

椅子の上で、お尻の位置を移動するときは、座面に手を添え真後ろにスライドさせます。
お尻をひきずって移動することのないように。

◆両足は、身体から少し離して置く

座ったときに、ひざが離れていたり、ひざを曲げて両足をクロスさせるのは見苦しいです。
両足は身体から少し離れたところに置くと、脚が長く見えます。

◆背もたれには寄りかからない

座ったら、背もたれにはよりかからず背筋を伸ばしましょう。
両手は身体の近くで重ねます。

立ち上がるときは、両足を軽く引き、まっすぐ立ちあがりましょう。

以上、スマートで美しい椅子への座り方をご紹介しました。
ぜひ、意識してみてくださいね。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む