専門マスター

【テーブルマナー】きちんとたたむのはNG?!大人のスマートなナプキンの使いこなし方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう


デートやビジネスシーンなど、大切な食事の席でスマートに振る舞えるよう、ナプキンのマナーをおさえておきましょう。

◆ナプキンを広げるタイミング

料理のオーダーが終わり、食前酒や前菜が運ばれてくる前までに広げておきましょう。
結婚式などの式典の場合は、立って乾杯することもあるので、乾杯が終わってから広げます。

主賓となるお客様や目上の人が同席している場合、主賓や目上の人が広げてから自分も広げるようにしてください。
特にビジネスシーンでは、さっさと自分から広げてしまうことのないように注意しましょう。

◆ナプキンの広げ方

縫いしろがあるほうを内側にして、二つ折りにします。
折り目があるほうを手前にして、膝の上に広げます。

◆口元をふくときのポイント

口元をふくときは、ナプキンの内側を使います。
汚れた面を見せないための配慮です。

◆中座・退席するときは

中座をするときは、軽くたたんで椅子の上に置きます。
また戻ってきますよ、というサインです。
椅子の背にかけるという説もありますが、見苦しいのでお勧めしません。

退席をするときは、軽くたたんでテーブルの上に置きます。
あまりに美味しくて、きちんとたたむことすら忘れてしまいました、というサインなのです。
西洋ではきちんとたたむと「食事やサービスに不満あり」というクレームの意味になることがあります。

◆テーブルの汚れをぬぐうのはNG

万が一、テーブルを汚してしまっても、ナプキンでふきとるのはNGです。
ナプキンは、口元をふくものです。
汚れが気になるときには、ウェイターを呼んでお願いしましょう。

以上、ナプキンのマナーをお伝えしました。

【企画・制作・出演】
マナー・コミュニケーション講師 樋口智香子

【撮影協力・スタジオ提供】
千葉 幕張 Photogenic よしだひでお

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る