専門マスター

【割り箸のマナー】知っているようで知らない?!正しい割り箸の割り方とは

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

知っているようで知らない、割り箸のマナーをご紹介します。

・割り箸の正しい割り方

割り箸を割るときの向きがあるのをご存知でしょうか。
正しくは、箸を「横」にして割ります。
これは「隣にいる人に肘をぶけないように」という配慮なのです。
お膳のあたりで、静かに割りましょう。

・紙で巻かれているときは

紙で巻かれているときには、巻紙を破るのではなく、手でずらして外しましょう。

・ささくれができてしまったら

ささくれができてしまったときに、箸をこすり合わせて取るのはNGです。
指でつまんで、取り除きましょう。

・祝い箸について

最上級の割り箸は、柳でできた「両口箸」
両端が細いのが特徴です。
片方は神様が、もう片方は人が使うという”神人共食(しんじんきょうしょく)”を意味する祝い箸です。
日本人にとって、食事は神事のひとつでした。
神様と共にありがたくいただく、という意味があります。

・使用した割り箸は

使用済みの割り箸は、箸袋に戻します。
箸袋の裏側に折っておけば「使用済み」のサインになります。

以上、割り箸のマナーをご紹介しました。
ぜひ、覚えてくださいね。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む