専門マスター

【信玄餅のマナー】こうすれば、きなこが飛び散らない!信玄餅をキレイにいただくコツ

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

山梨県の銘菓といえば、桔梗屋の信玄餅。
きなこと黒蜜のハーモニーが絶妙ですね。

しかし、いただくときには、少し工夫が必要です。
きなこが飛び散り、キレイに食べるのが難しい!と感じる人も多いのでは?

信玄餅のキレイないただき方とマナーをご紹介します。

◆よくある失敗◆

ふたを開け、先に黒蜜を全部入れてしまいがち。
このままお餅を取ろうとすると、きなこが飛び散り、黒蜜は流れ、うまくお餅に絡めることができません。

◆キレイにいただくコツ◆

まず、容器のふちのきなこを、楊枝で落とすようにして沈めてゆきます。
次に、端にあるお餅をひとつだけ取り出し、いったん、ふたの上に置きます。
端の空いたスペースに、黒蜜を入れます。
このスペースを利用し、ひとつずつ、黒蜜にお餅を絡めていただきます。

お餅を口元に運ぶ際に、片方の手を下に添えるのはNGです。
この動作は「手皿」といって、和食では不作法とされています。

きなこや黒蜜が垂れ落ちそうなときは、容器で受けるようにしましょう。

お客様に出すのなら、容器から出して小皿に盛るとよいでしょう。

以上、信玄餅をキレイにいただくコツとマナーについてお伝えしました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る