専門マスター

【お花見団子のマナー】桜と共に楽しみたい和のスイーツ、お花見団子のキレイな食べ方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

桜と共に楽しみたい、お花見団子。
色鮮やかな美しい和菓子ですので、キレイにいただきたいものですね。

お花見団子のマナーをご紹介します。

◆なるべく、ひとつをひと口で食べる

お茶席などかしこまった席でない限り、串のまま食べても構いません。
なるべく、ひとつのお団子をひと口で食べましょう。
少しづつかじると歯型がつきやすく、見苦しいです。

◆最後のお団子は、串を回転させて食べる

食べづらい位置にあるお団子を、手でずらすのはNGです。
最後のお団子は、串を回転させて食べます。
串を横にし、手前半分を食べてから、くるりと串を回して、もう半分をいただきます。

◆串から外す場合は、懐紙で押さえる

串から外す場合は、懐紙を使います。
懐紙は、携帯用の二つ折りの和紙で、食事の席やお茶席で使います。

右手で串を持ち、左手で懐紙を使い、端のお団子を押さえます。
左手でしっかりお団子をおさえながら、串を斜めに引き抜くとうまくいきます。

みたらし団子はべたつくので、無理に串から外さないほうがよいでしょう。
串のまま、いただきましょう。
食べづらい3つ目と4つ目は、串を回転させながらいただきます。

以上、お花見団子のマナーをご紹介しました。
ぜひ、桜と共に楽しんでくださいね。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る