専門マスター

【納豆のマナー】こうすればベタつかない!納豆の上手な食べ方とお箸の作法

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

日本の食卓におなじみの名脇役、納豆。
糸がベタついて困った経験はありませんか?
納豆の上手な食べ方と箸のマナーについてご紹介します。

◆納豆パックの上手な開け方

納豆パックのふたを開けたら、たれとからしを取り出します。
シートを少しだけ引っぱり、パックの角にはさみます。
もう一度ふたを閉じて、片方の手でふたをおさえた状態で、シートを引き抜きます。
こうすると、糸がひくのを最小限におさえることができます。

◆箸を縦に握って混ぜるのはNG

箸を、2本まとめて握って持つのは「握り箸」という不作法にあたります。

正しく持ち、手首のスナップをきかせてリズミカルに混ぜましょう。
糸が白くなるまで混ぜると、旨味がアップして、おいしくなります。

◆箸先をなめるのはNG

箸先についた糸をなめるのはNGです。
「ねぶり箸」という不作法にあたります。

◆上手な糸の切り方

納豆をすくいあげ、くるくると巻き取るようにすると、上手に糸が切れます。
ご飯に納豆をかけるよりも、交互に食べたほうがご飯茶碗を汚さずに済みます。

以上、納豆をいただく際のマナーをご紹介しました。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等によって異なり、変化することがあります。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る