専門マスター

【チャーハンのマナー】レンゲの使い方をマスターしよう!中華料理のマナーとチャーハンの上手な食べ方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

チャーハンの上手な食べ方と中華料理の基本マナーをお伝えします。

◆レンゲの持ち方

中華料理で使う陶製のスプーンのことを、散蓮華(ちりれんげ)といいます。
一般的には「レンゲ」と呼ばれています。
レンゲの持ち手には、くぼみがあります。
このくぼみに、人差し指を添えて、親指と中指ではさんで持ちます。

◆チャーハンの上手な食べ方

山型に盛られたチャーハンは、手前に切るようにしてすくいます。
レンゲいっぱいに盛ってしまうと、大口を開けないと食べられないので、先端に少量のせます。
斜めの角度で口に運ぶと、スマートです。

◆中華料理は器を持ち上げない

中華料理は器を持ち上げずに食べます。
取り皿でいただく場合も同様です。
テーブルに置いたまま、背筋を伸ばしていただきましょう。

◆少量の米粒は箸でレンゲにのせる

残量わずかになってきて、レンゲですくいきれない米粒は、箸でレンゲにのせてもOKです。
レンゲを左手に持ちかえて、箸でチャーハンをのせたら、そのまま左手で口に運びます。

以上、チャーハンのマナーをお伝えしました。
ぜひ、ご活用くださいね。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

■参考情報/Yahoo!ショッピング
大阪王将 炒めチャーハン
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4g5p8jkdh?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む