専門マスター

【そうめんのマナー】夏の風物詩、そうめんをいただく姿も涼しげに!そうめんのマナーとおもてなしのコツ

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

涼しげな夏の風物詩、そうめんのマナーとおもてなしの方法をご紹介します。

◆一度にたくさんの麺をつゆに入れない

一度にたくさんの麺を入れると、つゆがしみて味が濃くなってしまいます。
見た目もあまり、良くないですよね。
なるべくひと口で食べきれる量を、都度、取るようにしましょう。
多少、音をたててもかまいません。
途中で麺を噛み切るのはNGです。
つるっとすすっていただきましょう。

◆つゆ鉢を手に持っていただく

つゆ鉢を膳に置いたまま食べようとすると、姿勢が悪くなってしまいます。
つゆ鉢は手に持って、背筋を伸ばしていただきましょう。

◆麺を高く持ち上げるのはNG

つゆ鉢に面を入れる際、高く持ち上げるのはNGです。
腕が上がって、見苦しいですよね。
麺はなるべく小さくまとめて、静かに入れましょう。

◆おもてなしなら、夏らしさを演出

お客様へのおもてなしなら、少量ずつ、丸めて盛るのも素敵です。
笹の葉や竹の器を使えば、涼しげに夏らしさを演出できます。
ただし、水をはった器に麺を浮かばせるのは、お勧めできません。
麺が水を吸って、やわらかくなってしまうのでご注意を。

以上、そうめんのマナーとおもてなしの方法をご紹介しました。
ぜひ、おいしく召しあがってくださいね。

※マナーには諸説あり、また、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことをご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る