専門マスター

【冷奴のマナー】やわらかい豆腐を箸で上手にいただく方法

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

薬味をたっぷりのせた冷奴。
お豆腐の味をそのまま味わえる一品ですね。
やわらかいお豆腐を、箸でいただくのは難しいように感じますが、意外と簡単です。

冷奴のマナーと上手ないただき方をご紹介します。

◆すくい箸はNG

豆腐をすくうようにして、箸にのせるのはNGです。
「すくい箸」という箸の不作法にあたります。

◆刺し箸はNG

豆腐に箸を突き刺して持ち上げるのはNGです。
「刺し箸」という箸の不作法にあたります。

◆豆腐の角から、キューブ型に切っていただく

まず、豆腐の角から、ひと口サイズのキューブ型に切ります。
そのまま、箸ではさむようにして持ちあげます。
やわらかい豆腐でも、意外とかんたんです。

◆手皿はNG、器を持って食べてもOK

汁がたれそうなときに、片手を受け皿のように添えるのはNGです。
「手皿」という和食の不作法にあたります。

汁がたれそうなときには、器を持っていただきましょう。

以上、冷奴のマナーと上手ないただき方についてお伝えしました。
ぜひ、ご活用くださいね。

※マナーには諸説あり、また、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、必ずしもこの限りではないことをご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む