専門マスター

女子ご注目!ビールと枝豆をいただく際の振る舞いと、缶ビールをジョッキに美味しく注ぐ方法

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

女性にお勧めしたい、ビールと枝豆をいただく際の、振る舞いについてご紹介します。

◆ジョッキはまっすぐ持ち、手首を曲げて傾ける

ひじをつき、あおるようにしてぐびぐび飲むのはお勧めできません。
ジョッキはまっすぐ持って、あごは上げずに、手首を曲げてジョッキを傾けるとGOOD。

◆枝豆は指で押し出す

おつまみの定番、枝豆は、アルコールの分解を助けてくれます。
ビールとの相性も、抜群ですね。

気をつけたいのは、さやを歯で噛んで、豆を押しだすという食べ方。
少々、がさつな印象を与えてしまうかもしれません。
指で少し押し出すようにしてから、口元に運ぶといいですよ。

◆缶ビールをジョッキに美味しく注ぐ方法

缶ビールをジョッキに美味しく注ぐ方法をご紹介します。
おもてなしの際などに、上手にできると褒められるかもしれません。

コツは、クリーミーな泡でふたをすること。
こうすると、ビールの香りが長く続き、飲み進めるごとに味が微妙に変化するので、飽きずに飲めることがわかっています。

クリーミーな泡を立てるには、三段階で注ぎます。

1.泡が立つように、少し高めの位置から勢いよく注ぎます。
2.泡の量がある程度おちついたら、ジョッキのふちから静かに注ぎます。
3.仕上げに、ジョッキの高さから1~2cm、ふんわり泡が盛りあがるようにします。

◆首を突き出して泡を吸うのはNG

首を突き出して泡を吸うのはNGです。
姿勢が悪くなるのと同時に、せっかく作った泡のふたを減らしてしまうことになります。

以上、ビールと枝豆をいただく際の、振る舞いのコツについてお伝えしました。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る