専門マスター

【お茶とお煎餅のいただき方】茶碗のふたはどうする?お宅訪問のマナーより、お茶とお煎餅のいただき方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

お宅訪問のマナーから、お茶とお煎餅のいただき方をご紹介します。

◆ふた付き茶碗の扱い方

右手で取っ手をつまみ、ふたを開けます。
ふたは、裏返して置きますが、そのまま置くと転がってしまうことがあります。
茶たくの下にはさんで置くと、安定します。

◆茶碗は、片方の手を添えて持つ

片手だけでつかんで飲むのは、不作法とされています。
茶碗の底に、もう片方の手を添えて持ちましょう。
指をそろえるとキレイです。
(茶道では、左手の上に茶碗を置き、右手で茶碗をはさむように添えるという方法もありますが、所作としてはほぼ同じです。)

◆お煎餅は小さく割っていただく

お煎餅は小さく割っていただきます。
丸ごとかじると、見た目がよくないだけでなく、かけらが落ちてしまうことがあります。
菓子皿の上で、ゆっくり割るとかけらが出にくいです。
袋入りのお煎餅は、袋に入れたまま割れば、かけらが落ちずにすみます。
食べ終えた後の袋は散らかさず、小さくまとめて置きましょう。

以上、お宅訪問のマナーより、お茶とお煎餅のいただき方をご紹介しました。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る