専門マスター

【焼き魚のいただき方】上手に骨を外せば、食べやすい!焼き魚をキレイに美味しくいただく方法

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

「焼き魚を食べるのは難しい!」という声を、よく耳にします。
しかし、ご安心ください。
骨を外すコツを覚えれば、キレイに美味しくいただくことができます。
マナー講師お勧めの、焼き魚の上手な食べ方をご紹介しますね。

1.柑橘類は、お膳に果汁が飛ばないよう、手で覆って絞ります。

2.頭をおさえ、中骨の上を、骨に添って軽くほぐします。
このとき懐紙があれば、懐紙で頭を押さえると、手が汚れずにすみます。

3.まずは背中側の身を、頭側から尾のほうへ食べ進めます。

4.お腹側の身も同様に、頭側から尾のほうへ食べ進めます。

5.上の身を食べ終えたら、裏返さずに、中骨の下に箸を入れ、中骨を少し浮かせます。

6.頭と中骨を持って外し、お皿の奥に置きます。

7.下の身も同様に食べ進めます。

8.食べ終えたら、残った頭と骨は、皿の隅にまとめます。
懐紙があれば、懐紙で覆って隠すとキレイです。

以上、焼き魚の上手な食べ方について、お伝えしました。
ぜひ、美味しく召し上がってくださいね。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なる場合があることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む