専門マスター

【ご祝儀袋のマナー】結婚祝いには使えないものがある?!覚えておきたい、ご祝儀袋の選び方と扱い方

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

結婚式・出産祝い・七五三・ご長寿など、様々なお祝いごとで、ご祝儀袋を使うことがありますね。
たくさんの種類がありますが、お祝いの内容によっては、使えないものもあります。
そこでこの動画では、ご祝儀袋のマナーをご紹介しますね。
ぜひ、ご活用ください。

1.水引について

ご祝儀袋にかけられた飾り紐のことを、水引といいます。
古くは、未開封であることと、邪気払いの意味でかけられていました。

現代では、様々なデザインの美しい水引がありますが、伝統的なものを二つ、ご紹介します。

・あわじ結び(あわび結び)
結び目をほどくのが難しいことから、夫婦の絆を結ぶ結婚祝いに使われます。
結びきり、とも呼ばれます。

・蝶結び
何度もむすびなおせることから、何度あっても喜ばしいお祝ごとに使われます。
出産祝い・七五三・ご長寿のお祝い・入園入学・合格祝いなど、結婚式以外のほとんどのお祝い事に使えます。

2.のしについて

ご祝儀袋の右上にあるのは、”のし”と呼ばれる飾りです。
のし飾りの由来は、意外なものです。

もともとは、干したアワビを添えていました。
干しアワビは縁起物として、贈答品に添える習慣がありました。
のし飾りの中央にある、黄色い札のようなものが、干しアワビを象徴しています。

のし、とひらがなで書いてある場合もあります。

3.お札の入れ方

お札は、肖像画が表にくるようにして、中袋に入れます。
金額は、中袋の表の中央に「金 参萬円」というように、旧漢字で書きます。
お祝い事には、新札を使います。

4.ご祝儀袋の折り方

包みの裏面は、上→下の順で折ります。
こうすると、下側が表にきて、上向きになります。
これを逆にすると、不祝儀袋の折り方になってしまうのでご注意ください。
間違えることのないように「お祝は上を向いてバンザイ♪」と覚えるといいですよ。

以上、ご祝儀袋のマナーについてご紹介しました。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なる場合があることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る