専門マスター

【茶碗蒸しのいただき方】ふるふる卵とだし汁のやさしい味わい、茶碗蒸しのいただき方とマナー

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー講師の樋口智香子です。

ふるふる卵とだし汁のやさしい味わい、茶碗蒸し。
日本料理のコースでは「蒸し物」として提供されることが多いですが、実は「汁物」の一種でもあります。
茶碗蒸しをいただく際のマナーについて、ご紹介します。

◆開けたふたは、裏返して置く

ふたを開けたら、裏返したまま、両手で静かに置きます。
器の右側に置くといいでしょう。

◆茶碗蒸しのふちを、さじでなぞると食べやすい

はじめに、茶碗蒸しのふちを、さじでぐるりとなぞると、器から卵がはがれて食べやすくなります。

器は、持って食べても、置いて食べても、どちらでも構いません。
ただし、器が熱い場合もあるので、気をつけてくださいね。
大きな具はひとつずつ、卵と共にいただくと美味です。

◆汁物としていただく場合は

茶碗蒸しは、汁物の一種でもあるので、くずして飲んでもかまいません。
具を食べ終えたら、軽くくずして、器に口をつけていただきます。
音を立てながら、さじでかきこむのは、見苦しいのでやめましょう。
食べ終えたら、ふたを元どおりに閉めます。

以上、茶碗蒸しのいただき方について、お伝えしました。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なる場合があることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る