専門マスター

  • いいね

【ハンバーグセットのマナー】洋食のマナーを応用!ハンバーグセットをキレイに美味しくいただく方法

樋口智香子

マナー・コミュニケーション講師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。マナー・コミュニケーション講師の樋口智香子です。

レストランでおなじみの、ライスが添えられたハンバーグセット。
フォークとナイフで食べることが多いですが、転がりやすいコーンや、細長いインゲンが添えられ、キレイに食べるのが難しい!と思ったことはないでしょうか。また、ライスはどのように食べるのかということも、諸説ありますよね。

ハンバーグセットは、コース料理のようなテーブルマナーを気にする必要はないでしょう。
とはいえ、やはりキレイに美味しくいただきたいですよね。
そこで今回は、洋食のテーブルマナーを応用した、ハンバーグセットの食べ方をご紹介します。

【ハンバーグ】
左端から、ひと口分ずつカットしていただきます。
ナイフは、押すようにして切るとスムーズです。
はじめに全てを細かくカットしてしまうと、せっかくの肉汁が流れてしまいます。
食べる分ずつカットすれば、最後まで美味しくいただくことができます。

【いんげん】
いんげんやフライドポテトなど、細長い野菜は、まずは短くカット。
その後、いくつかを束にしてフォークにさすと食べやすいです。

【コーン】
コーンや豆類など、転がりやすい野菜は、フォークの内側にのせていただきましょう。
フォークは、内側が上にくるように持ちかえて、ナイフはペンのように持ちます。
ナイフで寄せて、フォークの内側にのせると食べやすく、見た目もキレイです。

【ライス】
正式なコース料理では、平皿に盛られたライスが提供されることはないので、食べ方に明確な決まりはありません。
お勧めの方法は、上記のコーンと同様に、フォークの内側にのせると食べやすく、所作としてもスマートです。

可能であれば、お箸を借りるのも大いにありです。
気負わずに、楽しくお食事してくださいね。

以上、洋食のテーブルマナーを応用したハンバーグセットの食べ方をご紹介しました。
ご活用いただければ幸いです。

※マナーには諸説あり、地域・歴史・文化等により異なり、変化するものです。
最もお勧めの方法をご紹介しておりますが、状況により異なることを、どうぞご了承くださいませ。

企画・制作
アカデミー・なないろスタイル
マナー講師 樋口智香子
http://www.nanairostyle.jp/

撮影協力・スタジオ提供
Photogenic よしだひでお
https://www.photogenic-st.com/

シェア

いいね

コンテンツへの感想