専門マスター

  • いいね

ユーハイムの職人技が詰まったバウムクーヘン製造ロボ「THEO」の焼き立てバウムクーヘンが食べられる

ヒキノトオル

甘党編集長/スイーツライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

自動でバウムクーヘンを焼いてくれるロボット「THEO」は、ユーハイムの職人の技術が詰まったAI職人です。

2021年3月1日(月)~3月7日(日)の期間、JR東京駅改札内 B1グランスタ東京 イベントスペース「スクエア ゼロ」で、3月3日(水)~3月7日(日)の期間、サテライト会場「表参道ミシャラク」で、「THEO」が焼いた焼き立てバウムクーヘンを食べることができます。

できたてのバウムクーヘンはふわふわで卵の良い香り。
通常のバウムクーヘンとは全く別の味わいです。

専用の箱で1本丸ごとお持ち帰りも可能です。

今回開催されるグランスタ東京、表参道ミシャラクは期間限定ですが、今後は全国各地に「THEO」を設置するお店が増える予定とのこと。

ぜひ、職人技術が詰まったバウムクーヘンロボの、できたてバウムクーヘンを味わってみてください。

THEOが焼いたバウムクーヘン
イートイン 432円(税込)

THEOが焼いたバウムクーヘン
1本 8,100円(税込)

「EXPERIENCE THEO WORLD」
メイン会場
期間:2021年3月1日(月)〜3月7日(日) 各日11:00〜20:00 ※初日のみ15:00より
場所:JR 東京駅改札内地下 1階 グランスタ東京「スクエア ゼロ」

サテライト会場
期間:2021年3月3日(水)〜3月7日(日) 各日12:00〜17:00 ※初日のみ14:00より
場所:表参道ミシャラク 東京都渋谷区神宮前6-2-9 ユーハイム原宿ビル1F

https://theo-foodtechers.com

シェア

いいね

コンテンツへの感想