タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【熊本市】旅行が決定!抗原検査を受けることに!どこで受ける?何をする?受けた結果がスムーズで驚き!

姫野あゆみ(あゆ姫)

地域情報発信ライター(熊本市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

先日、初めて抗原検査を受けたあゆ姫です。

すっかり聞き慣れてしまった「PCR検査」や「抗原検査」ですが、実際に自分が受けるとなると、どこで受けるの?どんなことするの?と何もわからず戸惑いました。

でも、受けてみるととてもスムーズだったので、今回は私が受けた熊本市の無料抗原検査をお伝えします。

そもそも、なぜ私が抗原検査を受けることになったのか。

私は、熊本県で実施されている『くまもと再発見の旅』という助成事業を何度か利用しています。

10,000円以上の旅行の場合5,000円、10,000円以下の旅行の場合は半額を県が負担してくれる上に、3,000円以上の宿泊の場合地域限定クーポン2,000円分までもらえてしまうという、旅行好きにとって、大変ありがたい内容。

くまもと再発見の旅の詳細は、公式サイトにてご確認ください。
くまもと再発見の旅公式(外部リンク)

この事業が今月末で終了する予定で、もう流石に延長はないかな…と思っていたところ、2022年6月30日(木)までに期間延長が決定したそうです!!(7月1日(金)チェックアウト分まで)

助成事業を使い行った天草旅行。
助成事業を使い行った天草旅行。

私は、延長の決定を喜び、どこの宿に泊まろうか!と早速予約サイトを眺め、宿を決める。

ここで、気づいてしまった…
条件が変わっている…。

この事業を利用するためには、いくつかの条件があります。

条件の1つに、以前は『ワクチン2回接種済証』と書かれていたのですが、これが今回『ワクチン3回接種済証』になっていました。

延長を喜んだのも束の間、これは困った…。

実は私、2回目までの接種済証は持っているのですが、3回目を持っていません。

『くまもと再発見の旅』助成事業を使う際、ワクチン接種済証がない場合は、宿泊直近のPCR検査または抗原検査の陰性証明書が必要となります。

それで、私は抗原検査を受ける必要が出てきたわけです。

画像はイメージです。
画像はイメージです。

自分自身が無知だったため、正直この条件変更を知り「面倒くさいなぁ…泊まるのやめるか?」と感じてしまいました。

でも実際調べてやってみると、すごくスムーズなものでビックリ!

お得な旅行を断念せずに良かった♪

地域限定クーポンを使い焼鳥を食べに行きました。
地域限定クーポンを使い焼鳥を食べに行きました。

現在、熊本市内のいろいろなところで無料のPCR検査や抗原検査を受けることができます。※無症状の場合に限る

熊本県ホームページの実施事業者一覧から確認可能。

熊本県ホームページ「新型コロナウイルスの無料検査について」(外部リンク)

大きな病院や特設の検査センターへ行く必要があると思っていたのですが、実施事業者を確認してみると、個人病院や調剤薬局などが複数登録されているんですね。

受付時間もさまざまで、中には夜遅くまで検査してくれるところもありました。

私は、一覧に自宅から車で数分の調剤薬局があることを知り、早速電話で予約を済ませ薬局へ。(基本的に予約が必要。当日予約ができるところも多い。)

過去に見た、無料PCR検査センターに長蛇の列!というニュースからイメージがストップしていたので、長時間の待ち時間や混雑を予想していましたが、駐車場には私以外誰もいなくて拍子抜け。

指示があった通り、駐車場に車を停め薬局に電話。

すぐに薬局の人が出てきてくれて、申込書を受け取り記入。

名前や住所・連絡先・生年月日のほか、検査目的や仮に結果が陽性だった場合は、医療機関を受診するという同意書のようなチェック項目があり、1分ほどで記入完了。

同時に、身分証や旅行に行く日程がわかるものの確認がありました。

私は、宿をネット予約していたので、予約の確認メールを見せましたが、新幹線や飛行機のチケットなどでもOKとのこと。

“旅行”すなわち、遊びに行くための検査ですが、『経済社会活動』と書かれているのが、なんだか良いことしているような気分になる(笑)

記入が終わると細長い綿棒を渡され、自分で鼻の中をグリグリ。自分でグリグリできるのが良い!

インフルエンザの検査で、看護師さんに奥まで突っ込まれて、そんな奥まで?痛い~!となった経験がある私としては、人からされるのは少し怖いのと、そこまでしなくちゃいけないものだと思っていたので、「痛いとこまで自分で入れきるかな…」とおかしなことを言っちゃいました。

「そんな奥まで入れなくて大丈夫です」と笑われ、お恥ずかしい(笑)

痛みはなく、少しくすぐったい程度でした。

グリグリした綿棒を筒状の容器に入れると、検査完了。

あとは、車の中で待ちます。

無症状の感染者も多いと聞くので私にとって、この時間がすごく長く感じ不安

旅行に行けるか行けないかがかかっているので、ある程度自信がある試験を受け“結構できた気がするけど…落ちてたらどうしよう”そんな合格発表を待っているような感覚に近い。

こんなことなら早く3回目のワクチン受けとけばよかった…なんてことを考えていると、すぐに(15分ほど)薬局の人がやってきて、検査結果を見せてくれました。

結果は無事【陰性】、これを持ってまた無事に楽しい旅行に出ることができました。

近所で検査を受けたということもあり、家を出て検査を受け、結果を聞き帰宅するまでの時間は、帰り道コンビニに立ち寄った時間を入れても30分かからず。

『くまもと再発見の旅』で検査結果を提出する場合、抗原検査の有効期限は1日しかないということで、旅行直前に検査を受けに行くための時間調整は、負担になると感じていました。

しかし、こんなに短時間で済むとなると、旅行前日の仕事帰りや買い物ついで、旅行の出発時間によっては当日でも受けに行くことができて、そんなに支障はないと思います。

(ただ万が一、検査結果が陽性になった場合は旅行が“ドタキャン”となり、恐らくかなりバタつき、宿などはキャンセル料が発生する可能性はありますね…。)

今回の旅は、直前に抗原検査を受けたことで「人に感染させる心配はない」と、どこか安心感もあり楽しむことができました。

とても簡単でスムーズに検査を受けることができるようになっていたので、必要な人は億劫にならず受けに行ってみてくださいね。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。