タイトル画像

【神戸】パリコレブランドで個性溢れるお洒落を!サスティナブル&リーズナブルで時代の最先端を行く

Hinata Yoshioka

旅するフォト&ライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

暑すぎた夏が終わりを告げ、ようやく本格的にお洒落を楽しめる季節がやって来ました。この秋、人とはちょっと違ったお洒落がしたいあなたに一押しのお店があります。

最近は時代の移り変わりもあり、サスティナブルという視点からも古着が流行ったりしていますが、日本の古着だとどうしても代わり映えしない雰囲気があったりもしますよね。これは去年流行ったものだなぁとか、似たようなデザインだなとか。

赤レンガの建物の一階左手、コンクリートの後ろの階段を登るとガラス張りのお店があります
赤レンガの建物の一階左手、コンクリートの後ろの階段を登るとガラス張りのお店があります

北野坂のスタバ向かいに「La cham blanc (ラシャンブラン)」という可愛いいお店を見つけました。看板には「フランスの古着」とあります。中に入ってみると白で統一されたナチュラルな雰囲気で、古着屋さんとは思えない爽やかなモダンさです。

フランスの女の子の白い部屋をイメージした店内。メゾンマルジェラ、ドリスヴァンノッテン等、モードなブランドからセリーヌ、グッチ、ジルサンダー等、ラグジュアリーなブランドまで、勢揃い
フランスの女の子の白い部屋をイメージした店内。メゾンマルジェラ、ドリスヴァンノッテン等、モードなブランドからセリーヌ、グッチ、ジルサンダー等、ラグジュアリーなブランドまで、勢揃い

洋服たちの個性的な模様や形、アシンメトリーだったり素材が面白かったり、見ているだけでも楽しめる店内。パリの古着屋さんコーナーやメンズ古着、アンティーク食器、ブランド物のヴィンテージファッションなどバリエーションも豊かで、幅広い年代の人が楽しめそうなラインナップです。

食器も作家ものや、パリで買ってきた物が並んでいる。ジノリの食器やファイヤーキングのマグカップなども
食器も作家ものや、パリで買ってきた物が並んでいる。ジノリの食器やファイヤーキングのマグカップなども

ここにある商品はユーズドが中心。世界には優れたブランドが山のようにあるのですが、そんな百貨店に置いていないような良いブランド、フランスやヨーロッパなどのインポートやデザイナーズ物を様々にコーディネイトして、独自な組み合わせを提案しているLa cham blanc。フランスで賞をとったりしているような洋服や、オートクチュールの素敵なドレスまであるんですよ。

帽子を幾つも組み合わせて洋服に仕立て上げた、メンズの上着
帽子を幾つも組み合わせて洋服に仕立て上げた、メンズの上着

日本では手に入りにくいレアな物、ヨーロッパやフランス、パリコレに出ているブランドまで幅広いバリエーションがあり、モード&フェミニンな今っぽさがある洋服が手に入ります。個性を発揮したい人にとって最適な物が見つけられるのでは。もちろん秋物も届いていましたよ。

オリジナルのマスクも。鼻の部分にソフトワイヤーが入っている上、形がいいので顔のラインが綺麗に見える。一枚¥1,500
オリジナルのマスクも。鼻の部分にソフトワイヤーが入っている上、形がいいので顔のラインが綺麗に見える。一枚¥1,500

普段は手が届かないようなお値段のものでも、物によっては40〜80%引きになっている物もあるので、いい品をリーズナブルに手に入れるチャンスもあります。ここには姉妹店があと3店舗あり、他の店舗はユーズドショップではありませんがそこからのアウトレットもあったりします。見つけたあなたはラッキーですよ。

「MATTOTTI serata」は、ゴージャスで洗練された女性の美しい世界。イタリアの古いお城をイメージした店内
「MATTOTTI serata」は、ゴージャスで洗練された女性の美しい世界。イタリアの古いお城をイメージした店内

オーナー夫妻は、それぞれにコンセプトの違うお店を作り上げたりしながら、洋服を通して世界観を表現することを心から楽しんでいます。奥さんはセレクトショップを神戸で始めた魁のような人で、バイヤーとしての著書を2冊も出していたり、学校で講師をされたりもしているお洒落のプロフェッショナルです。

わざと汚れたような加工のパンツや切っぱなしなど、マニアックな洋服たち。MA+,carol christian poellなど知る人ぞ知るアルチザン系ブランドが並ぶ「SHELTER Ⅱ」
わざと汚れたような加工のパンツや切っぱなしなど、マニアックな洋服たち。MA+,carol christian poellなど知る人ぞ知るアルチザン系ブランドが並ぶ「SHELTER Ⅱ」

旦那さんも「男の隠れ家」というコンセプトで、砂漠のシェルターをイメージしたお店をされています。ビンテージシックな、わざとこなれた感を出したカッコつけすぎないお洒落をテーマに、カジュアルなヨーロッパファッションを展開しています。

ちなみに店内は、外から見ても分からないんですがとても面白い作りになっていて、中に入って「地下シェルター」体験してみる価値ありです。30年ほど前の安藤忠雄の建築物だそうですが、ここのお店のコンセプトとぴったり合っていてとても面白いんです。

地下の小部屋にはハード系のファッションが。革ジャンは袖が長く肘も加工されていて、靴の裏にはトゲトゲ。とにかく奇抜でカッコいい
地下の小部屋にはハード系のファッションが。革ジャンは袖が長く肘も加工されていて、靴の裏にはトゲトゲ。とにかく奇抜でカッコいい

「捨てないで、価値ある物を使う」...サステナビリティーと呼ばれるそんな意識を、既に20年前から実践されていたオーナー夫妻。海外ブランドが好きな人から見ると「La cham blancは宝の山のような店だ」と言われているようです。

海外の有名デザイナー達から届けられた数々のメッセージは、信頼の証を物語っている
海外の有名デザイナー達から届けられた数々のメッセージは、信頼の証を物語っている

洋服の背景をちゃんと知っている人間が査定しているからこそ、いい物を提供できる。洋服のデザ イナーはアーティストで、洋服ひとつに社会性だったり哲学が隠れている。そんなメッセージをどうやって伝えていくかがバイヤーとしての仕事なのだと思うんですと、素敵なお話を聞かせてくれました。

洋服というものを超えてライフスタイルの表現を、ファッションを通じて世に伝えていく。そう聞いて、ファッションの概念が少し変化してくるような気がしませんか?あなたの個性的なファッションは、世の中に向けたオリジナルのメッセージです。今秋、あなたらしいお洒落をぜひ見つけてみて下さいね。

La cham blanc (ラシャンブラン)

営業時間:11:30~20:00
定休日:水曜
電話番号:078-230-2633
住所:兵庫県神戸市中央区北野町2丁目7-18 RIN'S GALLERY 1F
Google マップ
La cham blanc HP

シェア

いいね

コンテンツへの感想