タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

国内でダンス留学!「森山未來」と歩いた長田区、そこでダンサーが見出した世界観とは?【神戸市長田区】

Hinata Yoshioka

旅するフォト&ライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

留学といえば海外を想像してしまいますが、実は身近なところで面白い留学があるのをご存知でしょうか。巨大な鉄人28号の立つJR新長田駅、そこから程近い「NPO法人ダンスボックス」でのダンス留学です。

今期で既に第7期の実施となる「国内ダンス留学@神戸」では、全国から集まった6名の留学生(若手アーティスト)たちが、前年の7月から豪華講師陣によるトレーニングや講座を受講し学んでいます。

また、3名の振付家による公演に出演するなど、毎日ダンスに携わりながら日々踊り、それは今年3月の成果上演まで続いていきます。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

今回のダンス公演『Re: Incarnation in Nagata』の振付家は、なんと「森山未來」さん。俳優としてだけでなくダンサーの顔も持つ森山さんは、東京オリンピックの開会式で表現者として参加されていたのも記憶に新しい所です。

森山さんの作品名に使われている「Re: Incarnation」は、仏教用語の「輪廻転生」の対訳としてよく使われる「リンカネーション」を元にする造語のようです。その始まりは森山さんとダンサーによる「長田」という土地のフィールドワークだったそう。何故それが必要だったのでしょうか…答えをここで紐解いていきましょう。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

この日、小劇場Art Theater db KOBEや周辺の商店街のあちこちを舞台にして、彼ら6人のパフォーマンスが行われました。夜、暗くなってからのスタートともあり、商店街はシャッターを閉め始めています。

天井の明かりが予告もなく消され、店々の周りの仄かな明かりだけになってしまった薄暗い商店街。不意に、布を頭から被ったような黒づくめの6人が現れたかと思うと、一列になり暗い方へと音もなく歩いていきました。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

蒼白で無表情、まるで人の気配を発していない彼らが急に止まり一列から円形になったかと思うと、おもむろにそれぞれの方向へ歩き出しました。観客の私たちはバラバラになり、その内のひとりの後を押し黙ったままついて行きます。

直前に手渡されていた地図には、高取山、長田神社、和田岬…という風に、まるで暗号のように名前が記されてありました。私たちは地図が書かれた紙を手元で確認しながら、場所ごとで行われるパフォーマンスの意味を読み解いていきます。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

商店街の横の小さな階段を上ってついていくと、2階の通路に木箱がピンスポットで照らされていました。木箱の上でダンサーがおもむろに踊り始めます。空気を含んだような水の音が流れて言葉がそこに絡まり、ダンサーは無表情にその言葉を全身で体現していきます。

そこから8箇所のあらゆる場所に、導かれるように歩いて行っては踊るを繰り返していくダンサーたち。そのダンスは祈りの姿のようでもあり、時には風や波といった自然現象のようでもあり…

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

人間の気配をもはや発していない彼らが、場に流れる音や言葉とどこまでもシンクロしていく様子を見ていて、引き込まれ過ぎた私は途中で少し意識が飛びそうになりました。この演出はかなりやばいです。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

商店街の各場所が、長田のそれぞれのポイントに当てはめられていました。まるで夢うつつにダンサーに誘導されながら、長田の広い土地をこの小さな中で巡り歩いているかのような感覚…大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そういう時間を体験したんです。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

「振り付けを振り付けとして踊るのは有効だけども、ただ踊るのではなく場から立ち上げていくこと」…舞台終わりのステージ上で、森山さんがパフォーマンスの要点を言葉に変換してくれました。クリエイションの中で大切にしているのは「対話」。自ら身体をおこしていく時、動かされる身体の「現象」、作為と無作為のバランスにあるのだと。

「場所のエネルギーを取り上げて、現象化していく」為に、その場でキャッチしていくものを身体で感じとり紐解いていく。フィールドワークはその為だったんですね。普段の生活にとても近い商店街という場所で、こんなにもリアルなパフォーマンスを体感できたことに驚きです。

森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)
森山未來振付『Re:Incarnation in Nagata』(Photo: Junpei Iwamoto)

第7期留学生の、最後の成果上演はこの3月に行われます。ラストは「他者を振り付けるソロ作品の上演」、総括ディレクター/メンターは余越保子さんです。次は一体どんな世界が広がっているのでしょうか、正直予測がつかない面白さがあるこの「国内ダンス留学@神戸」。

これから世界へと羽ばたいていく彼らを知れるチャンスですよ。ぜひ皆さんも、彼らの渾身のパフォーマンスを体験しに成果上演へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

国内ダンス留学@神戸7期

国内ダンス留学@神戸7期 (外部リンク)
6つのソロダンス(成果上演)
日時:2022年3月12日(土)18:00、13日(日)14:00
会場:Art Theater dB KOBE
振付・出演:秋田乃梨子、石山樹野、川崎萌々子、楠田東輝、久保亜樹子、小松菜々子
料金:一般/2,000円  割引(長田区民、U25、障害者、介護者、65歳以上)/1,500円
中学生/1,000円
5歳〜小学生/500円
※当日券は200円増し
TEL:078-646-7044
チケット購入サイト (外部リンク)
ダンスボックスHP (外部リンク)

Google マップ (外部リンク)

森山未來HP

森山未來HP (外部リンク)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想