おもしろ/ネタ

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の名脇役コンビ "永沢君と藤木君"のデュエットソングを作ってみた。

平井翔馬

シンガーソングライター/トータルクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【永沢君と藤木君 / 真友ノ詩】

来年、ついにアニメ化30周年を迎える国民的アニメのちびまる子ちゃん。
今作は主人公まるちゃんの周囲を固める数々の名脇役の中でも、人気も高く、スピンオフ作品として漫画化もされた玉ねぎ頭の同級生"永沢君"そして卑怯のレッテルを貼られた"藤木君"の親友コンビにスポットをあて、勝手にプロデュースシリーズ初のデュエット作品として作詞作曲させて頂きました!

1986年に少女漫画リボンで連載が開始され、今や日曜の夕方の一家団欒には欠かせないものとなっているちびまる子ちゃんですが、アニメ放送開始当初エンディングテーマだった「おどるポンポコリン」はミリオンセールスを記録し日本レコード大賞を受賞、またアニメ部門過去最高視聴率である39.9%も記録するなど、数々の大記録も打ち立てています。僕も生まれてから今日に到るまでもちろんずっと観ていますし、大人になった今観ても時にホロッと、時にクスッとさせてくれる大好きな作品です。

作者であるさくらももこ先生は昨年、乳がんのため本当に惜しまれつつも亡くなってしまいましたが、先週の10月3日発売のりぼん11月号にはちびまる子ちゃんの新作が掲載されています。元々テレビアニメ用に先生ご自身が書き下ろされていた脚本をさくらプロダクションの方々が新たに漫画化したものだそうで、今後も不定期に連載されるようです!先生亡き後も多くのファンの方に本当に愛されているちびまる子ちゃんに(勝手に)関わらせて頂き僕も光栄です!笑。

今回、勝手にプロデュースの標的にさせて頂いた永沢君は強烈な個性のキャラクターで知らない方はいないとは思いますが、実は脇役とは思えないほどピックアップされていることをご存知でしょうか。1993年になんとスピンオフ作品として、ビッグコミックスピリッツで彼が主人公の漫画「永沢君」として連載もされているんです!その他にもTBSで僕も大好きな芸人である劇団ひとりさんが主演で実写ドラマ化もされています。ビジュアルを一目見て頂ければわかると思いますが、とてもシュールな世界観でとても面白かったです。
そしてもう一人、その永沢君の親友でありクラス中から卑怯と揶揄されるが実はとても心優しい少年である藤木君も欠かせないキャラクターです。生前さくら先生と親しかった世界的超人気漫画のONE PIECEの作者である尾田栄一郎先生も一番好きなキャラは藤木君だと明言しており、小田先生がさくら先生追悼として描かれた藤木君も大きな反響を呼びました。

ということで、そんな僕も大好きな二人、永沢君と藤木君の二人のデュエットソングを愛を持って勝手にプロデュースさせて頂きましたので、是非ご覧ください!

…続きを読む